ザギトワのインスタにマサルが久々登場、立ち入り禁止区域を見据える姿とは…

 フィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)がインスタグラムを更新。70日ぶりに愛犬・マサルの画像を公開すると、哀愁漂う後ろ姿にファンから「いい子だね」「可愛い」「マサルも手洗いマスクを」と反響が集まっている。

 マサルが久々に登場した。屋外の道路にちょこんと背中を向けて座ったマサル。顔を向けている先にあるのは、バリケードのテープが手すりに貼られた階段だ。ぐるぐる巻きにされて立ち入り禁止になっているようで、リードで繋がれたマサルは遠くを見つめるようにして座っている。

 ザギトワのインスタグラムには2月15日以来の登場。ザギトワは「マサルの自主隔離」とロシア語、英語でつづり、日本語でも「自己隔離」と記している。この投稿にファンからは「マサルも手洗いマスクを」「あなたが恋しい。早くスポーツが再開されますように」「マサルかわいい」「いい子だね。アリーナもマサルも元気でいて」「マサル大きくなったね、すごいキュート」「ママはどこ?」「この犬、ほんとにかわいい」と歓喜の声が上がっている。(THE ANSWER編集部)