WBCが再脚光、2008年の「KO・オブ・ザ・イヤー」に輝いたミランダの一撃

 ボクシングのWBCは圧巻KO劇を連日振り返っている。2008年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」として取り上げているのは、強烈なパンチでダウンした選手がリング外まで飛び出してしまう、衝撃的なKOシーンを動画付きで公開。ファンからは驚きの声が上がっている。

 2008年の「KO・オブ・ザ・イヤー」は年明け早々に決まった。1月11日、米国で行われたミドル級10回戦。3ラウンドだ。コロンビア人ボクサー、エディソン・ミランダは左のリードでタイミングを計った直後に、返す刀で右のオーバーハンドを叩き込んだ。

 顔面に被弾したデイビット・バンクス(米国)は堪えられない。そのまま後ろに倒れ、上半身がロープの外にまで出てしまった。レフェリーはすぐに試合をストップ。なかなかお目にかかれない、衝撃的なシーンだった。

 WBCの公式インスタグラムは「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー2008:エディソン・ミランダ対デイビット・バンクス」などと記して動画付きで再び脚光を浴びせると、戦慄を感じさせるような一撃にファンからは「あの一撃の直後、デイビット・バンクスはリングサイドのリポーターになってしまったね」「素晴らしい一撃」「残酷なKO劇」「笑っちゃったよ」などと反響が集まっていた。

 豪快なKOを量産し大いに期待されたミランダだったが、ミドル級、スーパーミドル級で世界挑戦を掴みながらも、ついにベルトを巻くことはできなかった。(THE ANSWER編集部)