観客を熱く盛り上げ、アスリートとファンを繋ぐ架け橋となっている彼女たちを応援する「スポーツブル」オリジナルのコンテンツ『CHEER(チア)』。
試合に華を添える彼女たちも、またプロフェッショナルである。そんな彼女たちの魅力を深掘りし、1人1人の生き様にフォーカスしていきます。

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

あなたのプロフィールを教えてください。 
名前:MISAKI 
身長:157㎝ 
出身地:新潟県 
趣味:お菓子作り、料理、映画鑑賞、イラスト描き、歌をうたうこと 
特技:トランペット、エレクトーン、水泳 
チャームポイント:色素の薄い瞳と髪の毛 
何年目:2年目 

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

どのようなタイミングや理由でチアを目指されましたか?  
当時通っていたダンスの専門学校の新入生歓迎会で初めてチアダンスを踊った時、ポンポンで文字を作ったり、一体感のある演技からチアの楽しさを感じ、チームで成し遂げることの達成感が印象的でした。
IRISのオーディションがあると聞き、学校の授業ではチアダンスを学んでいなかったので不安もありましたが、「チアの楽しさをまた経験したい、挑戦してみたい!」と思いオーディションを受けることを決めました。 
IRISのメンバーになってからは、チアの基礎から学び、もちろん苦戦することも有りましたが、皆と動きがそろった時の喜びや、試合で感じる楽しさはそれ以上で、もっと頑張ろうという原動力になっています。 

チア生活の中での1番のやりがいは何ですか?  
会場にいる全員(サンダースファミリー)が気持ちを一つにして、応援した時です。試合中の応援では、IRISのメンバーとアイコンタクトをとりながら、「一緒に応援お願いします!」というオーラを客席に向けて全力でアピールしています。ファンの皆さまはいつもそれに答えてくれて、気持ちが一つになったと感じる瞬間は鳥肌が立つくらい興奮します! 
また、パフォーマンスを見てくださった方々に「凄かった!可愛い!かっこいい!」など喜んでもらい、笑顔になってもらえた時には、私自身もとても嬉しくやりがいを感じます。

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

1番印象に残っていることや忘れられない出来事は何ですか? 
「B.LEAGUE EARLY CUP 2019 KANTO」にて、関東地区の6チームのチアリーダーが合同でパフォーマンスをした時のことが忘れられない素敵な思い出です。 
大人数でのパフォーマンスは踊っている全員から「成功させたい」「試合を盛り上げたい」という気迫が感じ取られ、チームの垣根を越えて一つのものを作り上げることに特別なものがありました。私の経験の中で一番長いラインダンスをしたことも印象的で、その迫力には圧倒されました。 
また、一体感のあるパフォーマンスの中にも、それぞれのチームの個性がよく表れていてお客さまにもとても喜んでもらえたことが嬉しかったです。私にとってたくさんの学びや気づきがあり、得るものの多い時間でした。今でもこの時のコラボパフォーマンスの動画を見返しては、感動に浸っています! 

チアをしていく中での難しい点は何ですか? 
パフォーマンスの中で、フォーメーションの列を整えることです。ダンスを揃えるだけでなく、列が揃ったきれいなフォーメーションを作ることによって、すごく迫力のあるパフォーマンスになります。列を乱すことのないように一人一人が注意していますが、少しでもずれると全体のパフォ-マンスに大きく影響してしまうところが難しい点です。 
実際のコートで練習できるのは試合開始前の限られた時間だけなので、その時に移動する感覚や自分のポジションを頭と身体でしっかり覚えられるよう、メンバー同士で声を掛け合いながら工夫しています。また、練習では常に本番と同じ感覚で踊れるようにイメージすることを心がけています。

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

1番大切にしていることは何ですか? 
チームの絆です。チームというのは、IRISのメンバーだけでなく、ファンの方々、選手の皆さん、スタッフさんなどを含んだ川崎ブレイブサンダース全体のことです。 
1シーズンは本当にあっという間に過ぎていくもので、チームの強い絆で勝利をつかめるよう、一試合一試合を大切に思っています。 
この環境で踊れること、応援できることへの重みを感じながら、周りへの感謝の気持ちを忘れないことが「絆」になると考えています。当たり前のことですが、気持ちのこもった挨拶や御礼をしっかり伝えるなど、お互いを思い合うことで、絆をもっともっと深めていきたいと思います。 

オフの日(試合のない日)は何をしていますか? 
趣味の料理やお菓子作りを楽しんでいます。 料理はバランスの良い食事が摂れるように、野菜多めのメニューを心がけます。 
お菓子はIRISのメンバーにプレゼントすると喜んでもらえるので、試合日や練習日に差し入れすることもあります。最近では、タルトが好評だったのでまた作ろうと思います。 

今後の目標(もしくは将来の夢)は? 
川崎ブレイブサンダースのホームゲームに来てくださったお客さま全員に楽しんでいただけるように、最高のパフォーマンスを披露することです。 
試合中のイベントや応援ではたくさんの方とコミュニケーションをとり、ダンスでは自分の個性や魅力を最大限に感じてもらえるように、元気いっぱいな笑顔をとどけていきたいと思います。 
お客さまに最高に楽しんでいただくことで、自分自身にとっても悔いのない一試合にしていきたいです。 

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

【一問一答】 

小学生の頃の夢は何でしたか?
音楽関係の仕事につくこと 

生まれ変わったら何になりたいですか?
ねこ 

好きな言葉(座右の銘/四文字熟語)は何ですか?
人生は振り子 

何かスポーツはされていましたか?
水泳、ダンス 

あなたが尊敬する人は誰ですか?
何事にも努力している人 

最近ブルったことはなんですか?
「ROCK YOU!」という映画を観てブルっと来ました。笑い、友情、恋、感動が詰まっている素敵な映画です。

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

川崎ブレイブサンダースのホームゲームでは、試合開始前に会場外のイベントスペースにて、「IRISのステージショー」を行っており、そこでは特に、メンバーの持つ7色の個性をお楽しみいただけると思います。 
ホームアリーナの「川崎市とどろきアリーナ」までお越しいただいた際は、是非ご覧ください! 

◆◆◆ チーム情報 ◆◆◆ 

川崎ブレイブサンダースチアリーダーズ「IRIS」は、川崎市を拠点とするプロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」の専属チアリーダー。 
チーム名の「IRIS」は「虹の女神」を意味しており、七色の虹のように多種多様な色を持った個性あふれるメンバーが、多彩なパフォーマンスで会場を熱くし、チームとファンをつなぐ架け橋のような存在を目指します。 
※IRISの活動についてはSNSでもご紹介しております。 

IRIS Twitter   :https://twitter.com/iris_kbtcheer

IRIS Instagram:https://www.instagram.com/iris_kbtcheer/