長引くコロナの影響、カシメロ戦どうなる?

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、米ラスベガスで予定されていたWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となった。開催日の決定が待たれる中、共同プロモーターのトップランク社のボブ・アラムCEOは日本での感染拡大を受けて、「日本開催は今や不可能」と悲観的。さらに「不運なことに後回しにせざるを得ない」と延期が長引く可能性を明らかにしている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 今月25日(日本時間26日)に行われるはずだった3団体統一戦。新型コロナの影響で延期となったが、アラムCEOは今後の見通しに厳しい目を向けている。

 3団体統一戦を米国で開催できるのか――。記事では「イノウエには日本を出発する機会がなかった。当分の間、それが可能になるようには見えない」と指摘している。

 トップランク社の公式YouTubeでアラムCEOは「残念ながら、私はノーと言わざるを得ない。今回の感染拡大の状況に対して、日本での対策は比較的緩いものだった。そして、感染件数が上昇した。今や、日本は緊急事態宣言下にあるんだ」と語ったことを紹介している。

 モンスターの渡米は非現実的だとアラムCEOは分析した上で、日本のコロナ禍の状況から日本での開催も当分の間、困難と見ているという。

カシメロは別の対戦を挟む可能性も「別の試合をするように話すことになるかも」

「我々はカシメロに日本に行ってもらうことも検討していた。日本でのファイトだ。ある時点までは可能に見えた。だが、もはや不可能になった。そして、イノウエは当分の間、こちら(米国)に来ることはできないだろう」

 日本での3団体統一戦開催は不可能になったとアラムCEOはコメントしている。いつ、どこで行われるのだろうか。

「不運なことだが、このファイトを後回しにすることになるだろう。カシメロはラスベガスに滞在している。もしかすると、彼の陣営に対して、別の試合をするように話すことになるかもしれない」

 井上戦の前に、カシメロが米国で別の相手との試合を挟む可能性もあるようだ。バンタム級統一を悲願としていた井上だが、大きな注目を集める3団体統一戦は新型コロナウイルスの影響で不透明な状況になっている。(THE ANSWER編集部)