ロシアのラジオ局で3回転アクセル習得への意気込み語る

 フィギュアスケートで昨年のグランプリ(GP)ファイナルで2位に入ったアンナ・シェルバコワ(ロシア)。ルッツなど複数の4回転ジャンプを擁する16歳の天才ジャンパーは新たに、3回転アクセルの習得にも乗り出している。母国メディアが報じている。

 アレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤとともに、ロシアの“天才3人娘”と呼ばれ、2019-20シーズンの女子フィギュア界を席巻したシェルバコワ。GPファイナルでは2位に入り、昨年末に行われたロシア選手権では、非公認ながら世界最高得点となる合計261.87点をマークし大会連覇を飾った

 ジャンプを武器に大きなインパクトを残したシェルバコワ。ロシアメディア「championat.com」によると、新たな武器として3回転アクセルの練習を重ねているという。

 同メディアはロシアのラジオ局「マヤーク」で、シェルバコワが語った内容をもとに記事を構成。「16歳のアンナ・シェルバコワが3回転アクセルの練習を重ねて習得することに決めた」と見出しを打って、新たな挑戦を伝えている。

 記事によると、シェルバコワはショートプログラム(SP)で3回転アクセルに挑戦する意向を示している。16歳の少女はSPで得点が伸び悩んだことが、ライバルに対する敗因になったと分析しているようだ。

自身の弱点分析「3Aを跳ばなかったから、SPに置いて頻繁に差をつけられました」

「今、強化すべきところが私にはあります。私は新たに3回転アクセルに重点を置いて練習します。それが今シーズン、自分にとって足りなかったものです。私は3回転アクセルを跳ばなかったから、SPにおいて頻繁に首位から差をつけられました」

 女子はSPでは4回転を跳ぶことは認められていない。実際にシェルバコワはGPファイナルではSP3位。フリーでは最高得点をたたき出したものの、SPでの出遅れが響いて優勝したコストルナヤに及ばなかった。だが、3回転アクセルを習得すればSPでの大きな武器となる。

「プログラムに組み込むために、このジャンプ(3回転アクセル)に関して私はたっぷりと練習しなければならないでしょう。もちろん、スピンやスケーティングの部分においても練習してより良いものにすることができます」

 こう習得への意気込みを語っているという。女子ではシェルバコワが憧れた浅田真央がかつて跳び、現在では紀平梨花や、コストルナヤが武器とする3回転アクセル。シェルバコワがこの高難易度ジャンプをものにしたならば、まさに鬼に金棒となる。(THE ANSWER編集部)