スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―19年7月の5秒失神KO

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバックする。今回は、米国最大の総合格闘技「UFC」で昨年生まれた、開始わずか5秒での失神KO劇だ。ジャンピングニーがもろに直撃する場面を、海外記者が動画付きで公開。米メディアも取り上げ、UFCファイターたちも驚きを隠せない反応を示していた。

 瞬きをする間もなく、勝敗は決した。2019年7月の「UFC239」での出来事。ベン・アスクレン(米国)と対峙したホルヘ・マスビダル(米国)はゴングの瞬間、一直線に相手に向かって走り、飛び膝蹴りを食らわせた。顔面にまともに入ったアスクレンは、一撃で失神し、仰向けで硬直。マスビダルは追撃を食らわせようとしたが、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 ここまでわずか5秒。UFCの史上最短試合となったシーンを米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」が特集。記事では2人の試合が大いに盛り上がり、5秒で倒したのはUFC史上最速のKO劇だったと紹介されていた。

 さらに「マスビダルは楽しんでいた。彼は不必要なパンチを頭部に2発放ち、アスクレンの傍で祝福した」と状況を描写。その上で「UFCファイターとファンは畏怖した」と戦慄が走った様子を伝え、“同業者”たちのツイッター上での反応をまとめていた。

史上最速KOにUFCも唖然「OMG」5連発

 米国の激闘王マイク・ペリーは「史上最高のKOだ」とツイートすれば、英国のライトヘビー級ファイター、ジミ・マヌワも「マスビダル!!!!!!!!」と大興奮だった。

 柔術をバックボーンとするアルジャメイン・スターリング(米国)は「ワオ!ただ驚きだ!恐ろしく、残忍だ」と記し、女子のタイトルマッチ経験者ジェシカ・アイ(米国)も「ワオ。なんてことなの」と唖然。UFCも「OMG OMG OMG OMG OMG」と続け、驚愕しかない様子だった。

 英国のライター、シーン・シーハン氏が「UFC史上最速のKOを達成したホルヘ・マスビダル」と題した動画は続々と拡散されていた。格闘技の華ともいえる衝撃のKOだが、さすがの速すぎる決着には驚きが絶えなかった。(THE ANSWER編集部)