イタリアの解説者アンべーシ氏、2013年12月のGPファイナルを振り返る

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)の7年前に見せた演技が海外で再び称賛されている。2013年、マリンメッセ福岡で開催されたグランプリ(GP)ファイナルのSP。当時の世界歴代最高点となる99.84点をマークした「パリの散歩道」のほぼ完璧な演技だった。これで首位に立って大会初制覇。欧州の識者はSNS上に動画を公開し「フィギュアスケート界における重要な出来事だ」と絶賛している。

 衝撃は、今も覚えられている。演目は「パリの散歩道」。冒頭、4回転トウループで完璧な着氷を見せると、トリプルアクセル、3回転―3回転のコンビネーションジャンプも鮮やかに決めた。会場はどんどん沸き立っていく。長い手足を活かした柔らかな舞いを披露し、最後はスピン後に右手を挙げてフィニッシュ。割れんばかりの歓声を浴び、羽生も満足そうに両手を叩いた。

 アナウンスされた得点は、当時の世界記録を更新する「99.84」。会場は大歓声となり、羽生自身もキスアンドクライで「えっ!?」という驚きの表情。少し混乱しているような様子も見せながら、隣で大はしゃぎのブライアン・オーサーコーチと顔を見合わせて喜んだ。

 2013年12月の圧巻の演技に再注目したのは、ユーロスポーツのイタリア人解説者マッシミリアーノ・アンベーシ氏だ。自身のツイッターに当時の演技動画を投稿。翌年2月のソチ五輪のSPでは、史上初の100点超えとなる101.45点をマークした同演目について、こう絶賛している。

「『パリの散歩道』はフィギュアスケート界における重要な出来事だ。ジェフリー・バトルがユヅル・ハニュウのために振付を行った初めてのショートプログラムで、ハニュウは世界記録を4回、史上初の100点超えを達成した。五輪とグランプリファイナルの演技は際立っていた」

ファンも共感「完璧なテクニックと最高の芸術性の融合」

 トリノ五輪銅メダリスト、ジェフリー・バトル氏が振付したSPを見事に演じた羽生を手放しで称えているアンベーシ氏。投稿には、共感する国内外のファンのコメントが寄せられている。

「未だに息を奪われてしまう……、このプログラムが大好き」
「未だに彼にとって最高のSP」
「ジェフリー・バトルの素晴らしい振り付けを尊敬します」
「パリの散歩道はフィギュアスケートの奇跡的な瞬間」
「ユヅのスケートは完璧なテクニックと最高の芸術性の融合」

 五輪金メダル獲得の一因にもなった「パリの散歩道」。今月20日に国際スケート連盟(ISU)が発表した最新世界ランクで1位に返り咲いた羽生。滑らかな演技の印象は、海外でも未だに残っているようだ。(THE ANSWER編集部)