シェルバコワ、トルソワのロシア3人娘の関係なども語る「競争はいいこと」

 昨年12月のフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルで初優勝したアリョーナ・コストルナヤ。同2位のアンナ・シェルバコワ、同3位のアレクサンドラ・トルソワとのロシア3人娘としてフィギュア界を席巻する16歳は、理想のスケーターの1人にバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんらを挙げている。ロシアメディアが伝えている。

 日本のレジェンドを理想に、さらなる飛躍を目指しているようだ。ロシアメディア「sports.ru」は、コストルナヤが地元専門誌のインタビューに応じている内容を記事で紹介。「今日このごろで何か特に満足していないものがありますか?」との質問に、こう答えていると伝えている。

「スケーティング、ジャンプ、スピン、すべてより良くすることができます。私の理想は、多分、カロリーナ・コストナー、それにマオ・アサダ……それぞれから少しずつ取り入れ、自分のものを作ります。そう、安定性も必要ですね」

 長らくファンを魅了してきた真央さんの演技から、様々なものを吸収していくつもりだというコストルナヤ。これまでも“真央さん愛”を語っていた。ともに注目されるシェルバコワ、トルソワとは、昨年のGPファイナルで表彰台を独占した。4回転ジャンプ全盛時代となったロシアの女子フィギュア界。互いに切磋琢磨する関係について「私たちのグループの中でそういった競争があることはいいことです」と話し、こう続けている。

「練習に行ったら必ず昨日より良く滑る必要があります。そうでないといけません。トルソワが5本、4回転ジャンプを跳ぶ時、あるいはシェルバコワが4回転ジャンプを跳ぶ時、すぐにスイッチが入って『私にも、私にもできる!』と思います」

フィギュアスケート以外の興味「医者になるという考えを…」

「必ず行き着きたい道はあるか?」という質問には、「今のところ、それはフィギュアスケートです。2022年までは。その後についてはまだ真剣に考えたことがありません」と答えた上で、他にも進路の興味を語っている。

「興味深く思われる2つの道があります。ひとつにジャーナリストがそうです、でも医者になるという考えを置いていきたくはありません」

 コストルナヤは過去にロシアメディアに対して神経外科医への興味を語っており、医者への関心も片隅にあるようだ。(THE ANSWER編集部)