五輪専門メディアがザギトワの胸中紹介、ネットの批判を「無視する術を身につけた」

 フィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は、ネット上で飛び交う批判への対処法について語っている。五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が報じている。

 注目を集める五輪女王の17歳について、同メディアは「アリーナ・ザギトワ、ネットの批判に『誰にも何も借りはない』」という見出しで記事を掲載。伝統あるファッション誌「コスモポリタン」ロシア版のインタビューで答えたものを引用し「インターネット上の批判に直面していたことを明かした」とつづっている。記事ではこう説明している。

「同誌に対し、ザギトワは『誰にも何も借りはないわ』と話している。こうした批判はキャリア初期には影響を与えたものの、その後、無視する術を身につけたと語っている」

 記事によると、ザギトワが批判を受けたのは金メダルを獲得した平昌五輪のフリープログラムについて。批判について17歳の言葉を紹介している。

「最初のうちは私を嫌う人からのコメントを無視しようとしました。けれども、演技のスタートが悪い時があり、そういった時にはとにかくメッセージを寄越してくるんです。私がどうしたら良いかということを書きたがるんです」

救ったのは周囲の言葉「誰からも好かれるわけではない」

 女王となった後、世界中から注目を集める存在となった。大会に出れば、良い時もあれば悪い時もあるのは当然のこと。「それでも、私は自分の納得がいくよう演技をしたいだけです」。金メダルを獲得したのは15歳の頃。少女を支えたのは周囲の言葉だったという。記事ではこうコメントしている。

「確かに初めは気になりましたが、コーチや両親が『誰からも好かれるわけではない。それは普通のことなんだよ』と私を安心させてくれました」

 当時に比べ、今では受け流せるようになったという。

 昨年のグランプリ(GP)ファイナル女子では、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。エテリ・トゥトベリーゼコーチの教え子3人で表彰台を独占した一方で、同門のザギトワはよもやの最下位。ロシア国内ではザギトワに引退すべきだという声が上がっていた。

 年末のロシア選手権を欠場し、一時的に休養することを明かしていたが、今回のインタビューでは「休養がずっと続くわけではない」と語っているという。(THE ANSWER編集部)