フィリピンメディア「カシメロはモチベーションを持って毎日特訓中」

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、WBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)との3団体統一戦を控え、新型コロナウイルスが猛威を振るう米国で合宿中。現在も帰国できない状況にあるが、陣営は「モンスターが眠っている間に我々は猛特訓するんだ」と話している。フィリピンメディア「ラプラー」が報じている。

 カシメロは2月に米マイアミで合宿をスタートさせ、3月15日からラスベガスに合宿地を移した。直後の3月中旬に新型コロナウイルスの影響で、4月25日(日本時間26日)に予定していた試合の延期が決まる不運に見舞われていた。2か月以上米国に滞在中だが、現地では多くのスポーツイベントを開催できない状況にある。

 同メディアは「ギボンズ氏によると、カシメロはモチベーションを持って毎日特訓中」という見出しで記事を掲載している。カシメロはショーン・ギボンズ氏がプロモーターを務める「MPプロモーションズ」に所属。記事では「カシメロは今後のキャリアを左右するイノウエとの大事な試合が今後3か月以内に行われることを願っている」と記し、こう続けた。

「ラスベガス在住のギボンズ氏は毎日カシメロの滞在先を訪れ、食料やその他の物資を持ってきている。そしてトレーニングも見学し、カシメロを応援している。またカシメロが(トレーナーの)ネリ氏との練習中に、励ましの言葉も送っている」

 外出制限下でギボンズ氏はカシメロをサポート。さらに同メディアに対し、ギボンズ氏は「モンスターが眠っている間に我々は猛特訓するんだ」と話しているという。記事では「これは米国への入国制限を受けて日本に留まっているイノウエとラスベガスにいる自分たちの時差を考えての発言である」と説明。当然、日本でトレーニングをする井上も牙をとがらせているが、カシメロも海の向こうで調整を続けている様子を伝えている。(THE ANSWER編集部)