新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。シーズン再開は早くても6月中旬から下旬にかけてと現地メディアが報じている中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。

※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿チーム編⑱オクラホマシティ・サンダー


ウェスタン・カンファレンス(ノースウェスト・ディビジョン)

総合評価:S

■ここまでの戦績

今季戦績:40勝24敗(勝率62.5%/ウェスト5位)

ホーム戦績:20勝13敗(勝率60.6%)

アウェー戦績:20勝11敗(勝率64.5%)

■主要チームスタッツ(カッコ内はリーグ順位)

平均得点:110.8(18位)

平均失点:108.3(10位)

平均リバウンド:42.7本(26位)

平均アシスト:21.9本(28位)

平均スティール:7.6本(18位)

平均ブロック:5.0本(14位)

オフェンシブ・レーティング:111.0(14位)

ディフェンシブ・レーティング:108.4(9位)

■主要スタッツリーダー

平均出場時間:シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(35.1分)

平均得点:シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(19.3得点)

平均リバウンド:スティーブン・アダムズ(9.4本)

平均アシスト:クリス・ポール(6.8本)

平均スティール:クリス・ポール(1.6本)

平均ブロック:ナーレンズ・ノエル(1.5本)

■主な開幕後の選手またはコーチの動き

特になし

PGトリオの同時起用を機に、白星先行となりウェスト上位進出に成功


 昨夏にラッセル・ウェストブルック(現ヒューストン・ロケッツ)、ポール・ジョージ(現ロサンゼルス・クリッパーズ)という2枚看板を放出したサンダー。見返りに獲得したのはクリス・ポール、ダニーロ・ガリナーリ、シェイ・ギルジャス・アレキサンダーと複数のドラフト1巡目指名権で、チームは再建に向かうことが予想されていた。

 事実、開幕15試合でチームは5勝10敗と大きく負け越しており、豪華戦力を誇るチームが多いウェストで勝ち星を手にするのは難しいことは開幕前から分かっていたものの、この戦績に驚くものはほとんどいなかった。

 ところが、12月の15試合で11勝4敗、1月も17試合で12勝5敗と突如としてブレイク。ウェストのプレーオフ出場圏内へと順位を上げたのである。

 その要因となったのは、ポール、ギルジャス・アレキサンダー、デニス・シュルーダーというポイントガード(PG)トリオ。『HoopsHype』によると、12月中旬にテレンス・ファーガソンが欠場した5試合でこの3選手がそろってコートに立った206分間は、100ポゼッションあたりでなんと26.7点も相手チームを上回っていたという。3選手のラインナップにおけるオフェンシブ・レーティングでも、リーグベストの125.9という驚異的な数字を残していたというのだから驚きだ。

「4人のプレーメイカーたちが、コート上の異なる部分で多くのプレッシャーを相手チームにかけてくれるのさ。デニスはペイントエリアへアタックすることができるし、それはシェイ、クリス、そしてガリナーリも同じ。スイッチすることで(相手チームは)めちゃくちゃタフだと思うよ。彼らは望むならいつでもマッチアップ相手を抜き去り、アタックすることができるんだ」。

 チーム最古参のビッグマン、スティーブン・アダムズが『The Athletic』へそう語ったように、サンダーはPGトリオを中心に勢いに乗っていったのである。得失点差は+2.5、勝率5割を上回るチームとの対戦戦績は9勝17敗と負け越しているものの、勝負どころで危険なスコアラーと化すポールの活躍もあり、3点差以内に決着した試合で7勝6敗、延長では4戦無敗と強さを発揮。第3クォーター終了時点でリードした試合では23勝3敗で、12月以降は連敗を2で止めており、堅実な戦いぶりが光る。

 もしこのままプレーオフが始まったとして、今季のサンダーが優勝できる可能性は限りなく低いものの、ファーストラウンドを突破するサプライズを起こすことができるほどのチーム力を秘めていると言っていいはずだ。

勝負どころで真価を発揮するポールがチームメートたちにも好影響をもたらす


 ここまで、サンダーでは2年目のギルジャス・アレキサンダーがチームトップの平均19.3得点に6.1リバウンド3.3アシスト、ポールへ絶大な信頼を寄せるガリナーリが平均19.2得点5.5リバウンド、シックスマンのシュルーダーが平均19.0得点に4.1アシスト、アダムズが平均10.9得点9.4リバウンド1.1ブロックをマークしている。

 だがチームMVPを選ぶなら、ポールをおいてほかにいない。キャリア15年目のベテラン司令塔は、平均17.7得点4.9リバウンド6.8アシスト1.6スティールを残し、4年ぶり10度目のオールスターへと返り咲く見事な復活。残り5分で5点差以内というクラッチシチュエーションでギアが上がり、アグレッシブなスコアラーと化してショットを沈める仕事ぶりも申し分ない。

 今年のオールスターゲームで23得点6アシストを挙げてTEAMレブロンの勝利に大きく貢献したポールは「(自身を批判したり、懐疑的に見てくる)人たちのことを考えたりはしない。僕は自分自身のことを考えてた。つまり、僕自身が自分に対する最も厳しい批評家なんだ。僕はここにいる選手たちの誰よりも自分自身を追い込んでやってきた。僕にとっては旅路のようなもの。ハードにトレーニングして、この年(34歳)でもできるんだと信じてやってきた。自分自身と競い合っていくことがより重要であり、誰が何と言おうが気にしないことだね」と振り返っていた。

 ポールの影響力はギルジャス・アレキサンダーの成長にもつながっており、今季は相手チームのエーススコアラーをガードするようにしていると『Bleacher Report』へ明かしている。

「シェイにはしょっちゅう『僕はアイバーソン(アレン・アイバーソン/元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)やギル(ギルバート・アリーナス/元ワシントン・ウィザーズほか)とマッチアップしないといけなかったんだ』と話しているんだ。相手にやられようと構わない。それが経験になるんだから。そういうことを彼には伝えているよ」。

 ポールは185センチ79キロと小柄ながら屈強な肉体を持ち、巧みなフットワークと豊富な経験、リーグ有数のバスケットボールIQの高さを持ち込み、相手チームのエース級を抑え込む実力がある。若手や中堅を多く抱えるサンダーにとって、これほどお手本になる選手はいないはずだ。

 今年2月下旬に「今の身体の状態をふまえると、少なくとも(キャリア)20年は絶対にプレーしたいね」と『NBC Sports』へ話していたことから、ポールがまだまだキャリアを積み重ねていくことは間違いない。

 今季がこのまま終了となった場合、サンダーは豊富なドラフト1巡目指名権を活用して大型トレードを断行する可能性があるものの、できるならば現有戦力でどこまで勝ち上がることができるのか、もう1シーズン見てみたいものである。