世界戦で活躍をみせる日本人女性サーファー

日本人女性サーファーとしてトップを走る大村奈央。1992年11月27日生まれのプロサーファーだ。
サーフィンをはじめたのは小学5年生のとき。2010年には国内プロツアーJPSAでルーキーにして年間優勝を果たす。

10年以上も連続で日本代表に選ばれ、ISA(世界サーフィン連盟)が主催する世界選手権(ISAサーフィン世界選手権)に出場している。
この世界戦で、大村奈央は2013年、2014年と2大会連続で5位入賞という記録をもっている。
身長は153cmと世界の選手と体格差があるが、その差を感じさせない力強いサーフィン、高いボードコントロールと安定感を武器に世界と戦っている。

現在、QSの舞台で戦う大村奈央だが、狙うはWCT(チャンピオンシップツアー)入り。世界の上位17選手のみが戦える世界最高峰の舞台に参戦することになれば、日本人初の快挙となる。世界に挑む大村奈央の活躍に注目だ。