写真:2019年全国公で男子団体3連覇を達成した高知工科大学/提供:国公立大学卓球連盟

4月となり高校卓球界で活躍した選手たちが大学へ進学した。四国学生卓球連盟に所属し、毎年インカレに出場している松山大と高知工科大に、高校時代実績を残した新人選手が加入した。

全国国公立大学卓球選手権で男子団体3連覇を果たしている、国公立の雄・高知工科大学には、岡山・関西高校でインターハイ団体ベスト8のレギュラーメンバーである景山拓海が加わった。

現在新型コロナウイルスの影響で、四国の全大学が活動自粛となっているが、有望な新人選手のデビュー戦が見られることを楽しみに事態の収束を祈ろう。

四国学生卓球連盟 主な男子新人選手

高知工科大

景山拓海(関西)
岡野鉄平(関商工)
伊藤虎太郎(尽誠学園)
江東嵩斗(旭野)
平岩大知(向陽)
滝沢優太(和泉)

松山大

 
渡邊 一喜 (尽誠学園)

四国学生卓球連盟 主な女子新人選手

高知工科大

佐伯充麗(就実)
青木梨恵(名古屋経済大学高蔵)
熊野遥奈(土佐女子)
木村光里(高松商業)

松山大

 
竹田葵(済美)

文:ラリーズ編集部