写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

10日、公益財団法人日本卓球協会(JTTA)は、既に中止を決定している6大会に加え、下記1大会の中止を発表し、現時点で7大会が中止となった。

JTTAは単独主催の全国大会については、150日前までに開催の可否を判断するとしており、今後も大会の中止発表が見込まれている。

今回新たに中止が決定した大会

全国レディース大会ブロック 9月大会(東海ブロック(9/12 愛知)) *4/10 更新

その結果、現時点で、2020年度は以下の7大会が中止となった。

1. 第33回全国ラージボール卓球大会(6/26-28 岩手・盛岡タカヤアリーナ)
2. 第3回全日本ラージボール卓球選手権大会(7/10-12 福島・いわき市立総合体育館)
3. 全農杯 2020年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)(7/24-26 兵庫・グリーンアリーナ神戸)
4. ロート製薬杯 第38回全国ホープス卓球大会(8/13-15 愛知・一宮市総合体育館)(北日本ホープス(8/1-3 岩手))(東日本ホープス(8/9-10 福井))(西日本ホープス(8/17-18 京都))(南日本ホープス(6/26-28 佐賀) )
5. 全国レディース大会ブロック大会
(北海道ブロック(6/13 北海道))(東北ブロック(7/4-5 山形))
6. 第70回全日本実業団卓球選手権大会(9/3-6 岡山・ジップアリーナ岡山)
7. 全国レディース大会ブロック 9月大会(東海ブロック(9/12 愛知)) *4/10 更新

今後の予定について

今後の大会開催予定については、順次、JTTAホームページにて発表していくとしている。

文:ラリーズ編集部