新型コロナウイルスの猛威はプロスポーツだけでなく、学生スポーツの世界にも吹き荒れている。

既に春の高校野球センバツ大会は中止に追い込まれたが、大学野球界の雄・東京六大学野球の春季リーグ戦も開幕が決まらない。5日の臨時理事会では5月下旬に開幕を延期することが決まった。

 延期だけではない。日程消化が難しくなり、リーグ戦の試合方式も変更を余儀なくされた。

従来の勝ち点制から、1試合総当たりの勝率制に変更されることが決まった。これまでは6校の総当たり戦で行い、2勝したチームに勝ち点1が与えられていた。

・今すぐ読みたい→
元ヤクルト田中浩康さん、引退後の新生活は早大大学院生&野球部コーチ「危険がいっぱいの電車通学で…」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hiroyasutanaka-daikitanaka-conversation-02/

1試合総当たりは74年ぶり

 

 東京六大学野球は4月11日の開幕を当初は予定していた。1914年の3大学リーグ戦を発端とする、国内最古の歴史を持つ野球のリーグ戦。現在ではプロ野球の後塵を拝すが、かつてはそのプロ野球をも凌駕する国内最大のエンターテインメントとして君臨していた。

 1試合総当たりで開催されることは、戦後初めて行われた1946年春以来、74年ぶりになるという。

 ではその1946年春の東京六大学野球はどんな模様だったのか。

 終戦直後。神宮球場は米軍占領下にあり、上井草球場で試合は再開された。後楽園球場も使用された。のちにプロ野球初のトリプルスリーを達成する別当薫擁する慶大が5戦全勝で優勝した。

 しかし、このシーズン最大のトピックは東大の快進撃にあった。同校史上最高となる2位。東大の2位は、後にも先にもこの一度きりである。

 東大は開幕戦の明大戦に12-5で打ち勝った。最高の滑り出しとなり、続く早大戦に1-0で辛勝。実力高相手に連勝してみせた。

東大の奇跡の快進撃

 第3戦は後楽園球場での立大戦。終盤まで0-1とビハインドを背負ったが、8回に2-1と逆転。そして試合は9回途中降雨コールドとなり3連勝を飾った。

 いよいよ奇跡が見えてきた。迎えた第4戦・法大戦。4連投のエース山崎諭が8回に同点に追い付かれたが、延長12回に劇的なサヨナラ勝ちを飾った。4連勝。自力での初優勝についに王手だ。

 第5戦はここまで3戦全勝の慶大との全勝対決。勝てば優勝、という大一番で7回、守備の乱れから先制を許した。この1点を取り戻すことはできず。結局0-1のまま敗れ、悲願は最終戦の早慶戦の結果次第に。ここで慶大が5連勝を収め、東大の悲願は散った。

 惜しくも頂点はつかめなかったが、東大の快進撃は戦後日本に、そして日本球界に大きな勇気と力を与えた。

 コロナ渦の中、今年の春のリーグ戦は最悪の場合、中止に追い込まれる可能性もある。ただいざプレーボールがかかった際には、東大ナインにはこの74年前の先輩たちの勇姿を胸に戦ってもらいたい。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
元ヤクルト田中浩康さん、引退後の新生活は早大大学院生&野球部コーチ「危険がいっぱいの電車通学で…」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hiroyasutanaka-daikitanaka-conversation-02/