健大高崎のエース下は高校卒業後の進路を大学からプロ志望に切り替える

 新型コロナウイルスにより大会史上初の中止となった第92回選抜高校野球大会。有無を言わせぬ自粛の流れは球児の心情のみならず、彼らの人生にも大きな影響を及ぼしている。

 昨秋関東王者で神宮大会でも準優勝した健大高崎のエース・下(しも)慎之介投手(3年)はこの春、高校卒業後の進路を大学進学からプロ志望へと切り替えた。

「できれば早いうちにプロの世界へ行きたいと思った。こういう立場になるまでは大学と思っていたけど、4年間通うにも相当なお金がかかる。プロに行けなくても社会人とか、早くお金を稼げるようになって親孝行がしたいと思った」

 新チーム始動後に急成長。昨秋の関東大会、続く神宮大会でも大車輪の活躍でチームの全国準Vに貢献した。全国大会で結果を残したことで進路に対する考えにも変化が生じたが、センバツという絶好の力試しの機会が奪われたことでプロへの思いがさらに強まったという。

青柳監督が気にかけるのは…「モチベーションの面はそこまで心配してないんです。ただ…」

「もともと最終的な目標はプロだったけど、神宮大会が終わってから高卒でのプロ入りを意識するようになった。正月に親とも話し合って、深く考えて決めました。そこからセンバツでどれだけアピールできるかを目標にやってきたのに、それがなくなってしまった。必然的にあとは夏だけ。夏にかける思いは強いです」

 センバツ中止の決定から比較的スムーズに気持ちを切り替えられた選手の多い健大高崎で、青柳監督が気にかけるのは選手のメンタルよりもむしろ卒業後の進路だ。「うちはプロや大学を目指して集まる子ばかり。先の目標があるのでモチベーションの面はそこまで心配してないんです。ただ、その大学側の基準が今年はわからない。例年だと春の大会でのベンチ入りが(推薦の)条件だったりするんですが、今年は大会そのものがなくなってしまった。果たしてどの程度見てもらえているのか。それが一番不安です」と指導者としての親心をのぞかせる。

「自分は大会に出てアピールしないと次の世界に行けない立場。このまま夏もなくなったら……。たくさんの人が亡くなっている現状で仕方がないのかもしれませんが、個人的にはすごく困ります」と複雑な思いを吐露した下。

 野球人生が聖地のその先まで続いているからこその不安。初出場校の無念とはまた違った形の、切実な現実がそこにはある。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)