写真:RallysNEWS/提供:フリー素材

1日、日本卓球リーグ実業団連盟が一般社団法人設立登記し、4月から「一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟」となることを発表した。

日本卓球リーグ、会長・原田弘人氏がコメント

4月1日に「一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟」として門出を迎えた日本卓球リーグは、1977年に創立、2017年には創立40周年を迎えた。現在、正会員(実業団)26チーム、準会員(大学・クラブ)5チーム、合計31チームが所属しており、日本卓球界を支える存在だ。

日本卓球リーグでは、「活動指針」を明文化しようというプロジェクトを立ち上げ、2年越しで進めてきた。これまでに、所属選手、部長、監督、スタッフからの意見を集め、議論を重ねてきたという。

「日本卓球リーグは、サステナブルで、仕事と卓球を両立できるステージである」という活動指針にある「サステナブル(=持続可能な)」という言葉には、40数年の歴史と実績をベースに、50年、100年と持続する決意が込められている。

連盟の会長である原田弘人氏は、「本連盟は法人化を機に、これまで諸先輩方が築かれた多くの功績を継承することはもとより、卓球界における日本卓球リーグの役割を全うすべく努力・邁進していく所存ですので、関係各位の皆様方にはご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。」とコメントしている。

日野自動車はチーム名変更、関西卓球アカデミーが参戦

男子1部に在籍している日野自動車は、今年から名称を「日野自動車キングフィッシャーズ」と改めた。キングフィッシャーとは、日野市のシンボルでもある「カワセミ」の英語名であり、カワセミの獲物をとらえる姿が卓球のスピード感にも合っていることから命名されたということである。

また、「藤 ミレニアム」は2020年度から「関西卓球アカデミー」へと名称変更することとなった。関西卓球アカデミーは、所属チームやクラブ等の垣根を越え、自由に卓球の技術や知識を勉強できる学校であるというコンセプトを持ち、年少期から基礎を身につけ、最新の卓球技術や卓球の楽しさ・勝つ喜びを学び、世界で活躍する卓球選手の育成を目指している。

「第29回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント和歌山大会」や、「2020年度前期日本卓球リーグ三重大会 男女1部ホームマッチ」の開催が中止されるなど、新型コロナウイルスの影響が広がっているが、事態が収束して再び選手の熱いプレーが見られることを楽しみに待ちたいところだ。

文:ラリーズ編集部