パラサポWEBと公式SNS連動の新企画始動。

この企画では『本当にあったパラドラマ』と題し、パラスポーツ界に眠る素敵なストーリーやほっこりするエピソードなどを、ミニマンガでお届けしていきます。

春、別れと出会いの季節にお届けする今回は、車いすバスケットボール元日本代表の根木慎志さんが、パラスポーツの魅力を伝える講師として、全国を訪問中に出会ったある少年とのストーリーをご紹介。数年後に偶然再会した時、成長した少年の姿とは…?

『本当にあったパラドラマ』〜再会編〜

さらに詳しいエピソードはこちら(根木慎志さんInstagram)をご覧ください。https://www.instagram.com/p/B0n1GwPp9P-/

奈良県出身。高校3年生の時、突然の交通事故で脊髄を損傷。以後、車いすでの生活となる。知人の勧めで車いすバスケットボールを始め、2000年シドニーパラリンピックでは男子車いすバスケットボール日本代表キャプテンを務める。競技引退後の現在も、全国各地の小中高等学校を訪れ、講演やパラスポーツ体験授業を行うなど、精力的に活動中。

ミニマンガに登場するパラ卓球・北川雄一朗選手が活躍した大会の取材記事はこちら↓https://www.parasapo.tokyo/topics/22957