写真:松平志穂(日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

29日、卓球Tリーグ・日本ペイントマレッツは、松平志穂と出雲美空との契約満了を発表した。松平はサンリツに、出雲はエクセディにとともに日本卓球リーグの実業団チームへ移籍することもあわせて発表された。

チームを支えた松平志穂はサンリツへ




写真:松平志穂(日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

松平はTリーグ参戦当初から日本ペイントマレッツに所属し、チームを支えてきた。セカンドシーズンではシングルス2勝3敗、ダブルス0勝1敗、2シーズン通算ではシングルス7勝13敗、ダブルス0勝6敗と成績を残した。

発表を受け、松平は自身のTwitterにファンへの感謝のコメントと「またこのTリーグという特別な場所に戻ってこれるような選手になれるように」と意気込みを綴った。

松平志穂コメント

今年度を持ちまして、契約を終了します。日本ペイントマレッツには約2年間お世話になりました。2年間という短い期間ではありましたが、とても濃い時間を経験させていただき、本当にありがとうございました。

普段から人と関わることが少なく、こんな私が応援してもらえるのかと思っていましたが、凄く温かい社員の方々、ファンの方々がいたので、どんな状況であろうと声援をいただけて嬉しい気持ちとまた頑張ろうと思えました。

違う環境に行ったとしても、皆さんと出会えたことは何かのご縁だと思っています。皆さんにまた応援してもらえるようにまた一から頑張りたいと思うので、変わらぬご声援を宜しくお願いします!

日本ペイントマレッツの一員として戦えて良かったです。本当にありがとうございました。

インハイ女王・出雲はエクセディへ




写真:出雲美空(ニッペM)/提供:©T.LEAGUE

出雲は遊学館高校出身で2019年インターハイシングルス優勝の実力者。セカンドシーズンではシングルス2勝0敗、ダブルス1勝5敗の成績を収めていた。

出雲美空コメント

短い期間ではありましたが、マレッツの一員としてTリーグに参加させてもらえたことは私の卓球人生において、貴重な経験となりました。多くの皆様に応援していただき、本当にありがとうございました。

文:ラリーズ編集部