Never give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(6)

 2019-2020シーズンも、氷上で熱戦を繰り広げた日本人スケーターたち。シニア入りしてからずっと、辛酸をなめてきた本田真凜にとっては、復活への光が見えた1年だった。眩いばかりの笑顔と一緒に、かつての輝きを取り戻しつつある”天才少女”の内面で起こった変化とは--。



復調へのきっかけをつかんだ本田真凜

 2019-2020シーズンに向けたインタビューだった。本田真凜(18歳)は、競技の話から脱線すると、10代特有のあどけなさを露わにした。

--アメリカでの食事は?

「自炊です。日本でも(料理は)好きでするんです。最初は、全部を自分の自由にできるので、結構楽しくてやっていました。ただ、アメリカは食材が違うし……。実は日本のスーパーがあって、そこでおいしそうなお惣菜を見つけると、思わず買ってしまって」

 そう言って悪戯っぽく笑う姿が、本田の素顔なのかもしれない。

「(以前は)試合が終わったら、家族みんな一緒に、ご褒美で焼き肉を食べに行く、ということをしていたんですが、その次の日に、とても調子がよかったんです。それなら、試合の1、2日前に焼き肉を!って。試合の前に食べるようになりました。海外だと、なかなか行けないんですけど。バーベキューやステーキはあるんですけど、焼き肉とは違うんです」

 食事について語りだすと、少女の闊達さが出た。

 しかし、競技者としての本田は、大人にならざるを得なかった。

「17歳(当時)は、スケーターとしては若くはないです」

 彼女はそう言って、小さく笑みをこぼした。

 決意に満ちたシーズン、復活の兆しがあった。

 シニアデビューの2017-2018シーズンが開幕した時点で、世界ジュニア選手権(2016年)で優勝していた本田は、”日本女子フィギュア界の次世代を継ぐ選手”として注目されていた。花のように可憐な容姿に、識者も認める表現力で、2018年平昌五輪の有力候補になった。スター性は群を抜いていた。

「昔は、人が何回もやってできることを、自分の中では結構すぐにできてしまって。でも、できるのがいいことではなくて。すぐにできるから、コツコツとジャンプを習得した選手よりも、安定しないというのがありました」

 本田はそう振り返る。天才すぎたということか。シニアデビュー1年目はGPシリーズに挑戦も、不本意な成績に終わった。当然、五輪出場も逃した。

 2年目の2018-2019シーズンは意を決し、アメリカに拠点を移したが、さらに苦しむ。全日本は15位に低迷した。

 約2年間、彼女は辛酸をなめてきた。

 それだけに、2019-2020シーズン、全日本選手権のショートプログラム(SP)で、65.92点と6位に入ったとき、本田の声は弾んだ。

「滑っていて、すごく楽しくて! お客さんの表情が見えたのは何年ぶりだろう。いろいろ吹っ切れて。厄年もこれで終わるので」

 本田は表情を明るくした。



氷上での笑顔も輝いていた本田真凜

 GPシリーズ、スケートカナダではタクシー乗車中に追突されるという不運な事故にも遭った。しかし強行出場し、フリーでは120点台を出し、意地を見せた。シーズンを戦うなか、逞しさを身につけていたのだ。

「(昨シーズンまで)緊張からどう逃げられるか、(そんなこと)ばかり考えて演技していました。でも、今日(の全日本SP)は昔のように、たくさんの人に(自分が)楽しんでいるのが伝わったかなと思います。たくさん練習は積んだので、あとは気持ちの問題と思って。自分らしく演技することができてよかったです。練習だけでなく、ふだんの生活でも、『明るくなったね』と周りから言われるようになって、自分らしくいられるようになったのかなと」

 楽しむ--。

 それを取り戻したことは、復活の足掛かりになるだろう。

 フリーでは、冒頭でジャンプをミスし、総合8位に終わった。しかし、本田の心は折れていない。単独の予定だった3回転ループに、2回転トーループを付けた。さらに、最後に予定していた3回転サルコウを、より得点の高いフリップに変更。フリップは着氷がやや乱れたが、最後まで滑り切った。

 本田は、天性の艶やかさがある。舞台に立つだけで、場内が華やぐ。たとえば、アイスショーではそれが顕著に表われる。本能的な表現を、論理的に見せられるようになったら--。再び輝きを放つはずだ。

--スケーターとしての人生プランとは?

「逆算して考えてはいます。残り少ない、何年かの競技生活で、満足のできる演技を増やしていきたい。長く競技をできない分、将来できることは逆に多いと思います。でも今は、やらないといけないことを考えて生活していくつもりです」

 本田の物語は、氷の上にある。

【2019-2020シーズン主な成績】
■ネーベルホルン杯(174.01/5位)
■スケートカナダ(179.26/6位)
■中国杯(168.09/7位)
■全日本選手権(181.34/8位)
■ババリアンオープン(178.24/2位)