ステファノス・チチパス(ギリシャ)はマニラで行われた「デビスカップ」ワールドグループIIプレーオフでフィリピンチームに勝利した後、観光を楽しみ、ホームレスの支援もした。Tennis World USAが伝えている。

チチパスは自身のYouTubeアカウントに投稿した動画で、友人と共にホームレスの子供らに食料を買い与え、お金の価値の差について話している。彼と友人は20ユーロ(約2400円)で貧しい人々のために食料品を買ったが、同じ金額でヨーロッパではコーヒーとスナックぐらいしか買うことはできないだろうと語った。

またチチパスは、マニラで良い時を過ごせたと振り返り、自身のInstagramに「毎日僕に笑顔をくれてありがとう。親切さと寛大さを広めてくれてありがとう。心のあたたかさを日々、行動で表してくれてありがとう」

「これは本当に素晴らしいし、皆さんのような人々はすべての国の模範です。愛情を示して幸せな気持ちにしてくれたことに感謝します。僕からは“私の気持ち”という贈り物を置いていきますね。フィリピンの人々に幸福を!」と投稿した。

※為替レートは2020年3月16日時点

(テニスデイリー編集部)

※写真は2020年「ATP500ドバイ」でのチチパス

(Photo by Tom Dulat/Getty Images)