日本高等学校野球連盟(高野連)は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、”無観客”で開催方針だったセンバツ大会の中止を決めた。

 無観客の段階ですでに球場に入れないことが決まっていたプロのスカウトたちだが、今回の決定でテレビ観戦による視察すら断念せざるを得なくなった。センバツが中止になったことで、スカウトたちにどんな影響が出てしまうのか。スカウトたちに本音を語ってもらった。



3月19日に開幕予定だったセンバツは新型コロナウイルスの影響で史上初の中止となった

 あるスカウトは、現状を冷静に受け止めながらも、大会の中止に肩を落とした。

「センバツで見たかったのは、昨年の秋からひと冬越して、選手たちがどう変化したかということです。体のシルエットがどう変わったのか。フォームがどう変わったのか。投手ならスピードと球質、打者ならスイングスピード。そういう変化を見たかったので、正直、球場で見られなくてもとくに影響はないと思っていました。むしろ、映像のほうがよくわかるし、録画しておけば見たいポイントを繰り返し見られますからね。でも、センバツそのものが中止になり、映像すら見られなくなるのだから、これはかなり痛いです」

 センバツだけじゃない。早い地区ならセンバツと同じころにスタートする各県の春季大会まで中止、もしくは延期となった。また、昨年の春にあの佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)が”163キロ”をマークした「侍ジャパンU-18代表候補合宿」まで中止となり、高いレベルでの実戦経験を積むチャンスが徐々に減っているのが現実だ。

 別のスカウトはこんな話をしてくれた。

「大舞台や修羅場に対する強さは、じつはセンバツではあまりわからないんです。このあとにまだ夏がありますからね。だから、そこに注目するのは夏の地方大会なんです。負けたら終わりのなかで、どれだけ心身の強さを発揮するのか……そこは最後の夏じゃないと判断できません。現時点での様子を知りたいなら、実戦形式の練習を見ればわかります。ただ、現状はそれもできないのですが……」

 高野連の八田英二会長が話した”救済発言”についても聞いてみた。

「指導者の方は『ありがたい』と言っているようですが、本音はどうでしょうか……。甲子園を使って練習試合をしても、センバツと同様の思い出なんて残りませんよね。選手たちがやりたいのは、あくまで真剣勝負の”センバツ”ですからね」

 また、ほかのスカウトはこうも言う。

「私たちが本気で心配しているのは、今の状況がダラダラ続いて、夏の大会まで影響することなんです。指名の決断をするには材料や根拠が必要になるのですが、このままではそうした判断材料が少なすぎる。選手たちの真剣勝負を見られないというのは、我々スカウトにとっても痛恨です」

 そして選手たちにこうエールを送った。

「こういうことは想像もしていなかったでしょうし、野球に打ち込めないのは本当につらいと思います。ただ今回の件で、普通に野球をできることが、どれほどありがたいのかということを知ったと思うんです。だからこそ、今やれることを精一杯やって、これからの成長につなげてほしいですね」

 以前、終息の気配を見せないが、選手たちは1日1日を懸命につないでいくしかない。