写真:2月のハンガリーOPでの加藤美優/提供:ittfworld

<ITTFチャレンジプラス・オマーンオープン 2020年3月11日~3月15日>

現地時間12日、オマーンOPは予選が終了し、13日から本選がスタートする。予選はシードされていた日本の加藤美優(日本ペイントホールディングス)、佐藤瞳、橋本帆乃香、塩見真希(いずれもミキハウス)がいよいよ試合に臨む。

女子シングルス見どころ

女子シングルスに出場する日本選手のうち佐藤と橋本は初戦をシードされた。13日の1回戦には加藤と塩見が登場する。

女子シングルス1回戦

加藤美優 - DUTTA Moumita(インド)
塩見真希 - PATKAR Madhurika(インド)

1回戦は両者ともにインドの選手と対戦する。

加藤は2019年、世界選手権でベスト8、7月のT2ダイヤモンドでは4位入賞など、好成績を残した。ITTFチャレンジ・スペインOPでは優勝を果たしており、スペインOP以来の優勝にむけて弾みをつけるためにも重要な初戦だ。




写真:2月のポルトガルOPでの塩見真希/提供:ittfworld

塩見は強豪・ミキハウスに所属する期待の19歳。U21種目では既に成績を残しており、2019年のパラグアイOP、そして2月のポルトガルOPで優勝を果たしている。今大会もU21にエントリーしているが、シニア種目での活躍にも期待だ。

文:ラリーズ編集部