GMOインターネットは、男子陸上長距離の吉田祐也選手がGMOアスリーツの選手としての所属が内定したことを発表した。

現在、青山学院大学4年生の吉田選手は、全日本大学駅伝2018年大会で5区・区間賞、2019年大会で5区・区間3位、2020年の箱根駅伝では第4区・区間賞と区間新記録を樹立し、青山学院大学の総合優勝に貢献した。また、2020年2月に開催された別府大分毎日マラソンでは、マラソン初出場ながら2時間8分30秒をマーク。総合3位、日本人トップという結果を残している。

2020年4月1日(水)のGMOアスリーツ入社を予定している吉田選手は、「2024年パリオリンピック、2028年ロサンゼルスオリンピックのマラソン日本代表を目指します。社会人として走ることを楽しむ気持ちに加え、責任感を持って、長い時間をかけ地道に愚直に取り組んでいきます」とコメント。GMOアスリーツでは、吉田選手が競技活動に専念できるようにサポートしていく。