現地3月1日、フォードセンター・アット・ザ・スターで行われた日本代表対TSL選抜の一戦は、16対36でTSL選抜が勝利した。

先にチャンスを掴んだのは日本代表だった。最初の攻撃機会にRBミッチェル・ビクター・ジャモ-(パナソニック)のランを柱に攻めて2度シリーズを更新。フィールドポジションの優位を作り上げると、自陣29ヤードから始まったTSL選抜の最初の攻撃を日本代表守備が3&アウトに仕留めた。そして、NFLでプレー経験のあるPマット・ダラーのパントをDB山本泰世(オービック)がブロック。DB中谷祥吾(IBM)がこぼれたボールをゴール前4ヤードに運んで、第1Q6分11秒、K鈴木健太(慶應)が先制22ヤードFGを決めた。

 

直後のTSLの攻撃も3プレー目にDL平澤徹(オービック)がインターセプトに仕留めて再び敵陣からの攻撃権を得たが、3プレー後にTSL選抜DBグレン・ハリスにインターセプトを喫し、第1Q12分40秒に元NFLテネシー・タイタンズのQBザック・メッテンバーガーからWRエリック・ブランディジへの45ヤードのTDパスを決められて逆転を許してしまった。

第2Qにはメッテンバーガーに代わって登場したQBジェームズ・タバリーが、元NFLテネシーのRBアントニオ・アンドリュースを筆頭に、リロイ・ウィルソン、エリオット・テイラーの3人のRBのランでリズムを作り、第2Q8分02秒にウィルソンの3ヤードTDランで加点(PAT失敗)。3対13で折り返しとなった。

第3Qに入ってもTSL選抜のインサイドのランは止まらず。第3Q4分01秒にQBメッテンバーガーのスニークによるTDを奪われた。さらに次の日本代表の攻撃機会もインターセプトで失って第3Q7分06秒にメッテンバーガーからWRラクビオンテ・ゴンザレスへのTDパスを許した。

3対27と大きく差を広げられた日本代表だが、闘志は衰えていなかった。自陣25ヤードから始まった攻撃機会にパッシングユニットが機能。QB高木がWR近江克仁(IBM)、西村有斗(オービック)と立て続けにロングパスを決めて、第3Q8分27秒に近江への22ヤードTDパスを決めて反撃。第4Q最初の自陣17ヤードから始まった攻撃機会も、WR松井理己(富士通)のロングパス捕球を足がかりに敵陣に進攻。WR岩松慶将(富士通)へのパスでゴール前に迫り、第4Q2分47秒にRB藤本拓弥(パナソニック)の7ヤードTDラン(PATパス失敗)で、10点差まで詰めた。

さらに得点圏に攻め込まれたピンチをDB山本(泰)のインターセプトでしのいだ日本代表だが、自陣9ヤードから始まった攻撃機会はセーフティを献上。しかし、守備が再びチャンスを作った。

LB林直輝(パナソニック)のプレッシャーや、DL藤谷雄飛(富士通)のQBサックでTSLの攻撃をパントに追い込むと、ロングナップをミスしたボールをDB辻篤志(パナソニック)がリカバーして敵陣15ヤードからの攻撃機会を獲得。しかし、またしてもTSL守備フロントの猛烈なプレッシャーを浴びてファンブルで失い、試合残り時間3分にもTSLにTDを許して差を広げられた。

「日本に帰って周りに言ってほしくないことは、『勝てた』とか、『俺は戦えた』ということ。今日負けた理由は自分たちの基準が低かったから。『勝てた』とか言ってしまうと周囲もその基準になってしまう。俺たちはもっと高いレベル、TSLを超えるレベルを目指して、日本に帰ってからも戦っていかねばならない。情熱っていうのは絶対に伝播する。このチームで戦えたことを誇りに思う。もし、来年機会があるなら、全員このメンバーでもう一度戦いたい」

日本代表を主将として率いたWR近江は、試合後のハドルで今回の敗戦を糧にさらなる成長を遂げようと日本代表のメンバーに呼びかけた。

2020年日本代表の遠征レポート詳細はハドルマガジン4月号Vol.66(3月28日配信予定)に掲載します。

photo;Kiyoshi Ogawa