TEAM
東京ガス
早 大
(早)●徳山、早川、柴田、西垣、山下―岩本、尾﨑
◇(二塁打)太田、蛭間 ◇(三塁打)橘内

 新型コロナウイルスの影響で沖縄キャンプが中止になり、前倒しで迎えた今季初のオープン戦。人工芝が一新された安部球場に、社会人の強豪・東京ガスを迎えた。試合は先発・徳山壮磨(スポ3=大阪桐蔭)が初回に3失点を喫すると、打線も相手先発・菅野秀哉に対し5回まで内野ゴロでの1得点に抑えられる。徳山の後を継いだ投手陣は無失点でしのぎ、終盤に反撃に出るも一歩及ばず。黒星スタートとなった。

 今季初戦の先発マウンドを託されたのは徳山。いいスタートを切りたいところだったが、真冬並みの気温と強い北風の影響か初回はなかなか球が走らない。連打と四球で1死満塁のピンチを背負うと、打席には昨年まで早大野球部主将だった加藤雅樹(令2社会科学部卒業予定)が入る。外角の直球で押し込み三ゴロに打ち取るが、本塁封殺後、打者走者をアウトにしようと試みた岩本久重(スポ3=大阪桐蔭)の送球が逸れる。この間に二塁走者が生還し先制を許した。この後も暴投と失策が絡み、立て続けに失点。2回にも振り逃げと盗塁、野選で1点を奪われ、ほろ苦い出だしとなった。しかし、徳山の後に登板した早川隆久主将(スポ4=千葉・木更津総合)、柴田迅(社4=東京・早大学院)は好投を見せる。今季から主将に就任した早川は1イニングのみの登板となったが、スピードに乗った直球とキレのいい変化球で三者凡退に打ち取り調整の順調さをアピールした。柴田も2回を打者6人で終え、上々の結果で今季初マウンドを降りた。その後登板した西垣雅矢(スポ3=兵庫・報徳学園)は得点圏に走者を背負うものの、打たせて取る投球で2回を無失点。9回には、東京六大学リーグ戦(リーグ戦)での登板経験がない山下拓馬(法3=埼玉・早大本庄)が見事な投球で三者凡退に抑え、味方の反撃を待った。


4回に登板した早川

 打線は先制された直後の初回に2四球と犠打で1死二、三塁の好機をつくると、岩本の内野ゴロの間に1点を返す。しかしその後は菅野の沈むボールに手を焼き得点を奪えない。1~3番が無安打に抑えられ、なかなか反撃ののろしを上げられない早大だったが、1-4で迎えた8回、待望の適時打が生まれる。先頭の瀧澤虎太朗副将(スポ4=山梨学院)が敵失で出塁し無死二塁の好機を迎えると、2死後、打席には吉澤一翔副将(スポ4=大阪桐蔭)。初球を強振すると、強烈な打球が三遊間をライナーで破り2点差に詰め寄る。9回には途中から遊撃のポジションについていた橘内俊治(教3=東京・早実)が右翼線へ三塁打を放ち好機を演出する。しかし、続く金子銀佑(教4=東京・早実)、中川卓也(スポ2=大阪桐蔭)がそろって内野ゴロに倒れ1点しか奪えず。反撃むなしく黒星スタートとなった。


8回に左前適時打を放つ吉澤

 社会人の強豪という格上相手への惜敗はプラスにも捉えられる。しかし、試合を通じて相手投手は明らかに本調子ではなく、早大の失点も防げるものが多かった。沖縄キャンプが中止になり、真冬の寒さが残る東京での調整を強いられている早大。この試合では攻守共に課題の残る内容となった。開幕までにどこまでチームとしての完成度を上げられるか。小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)が就任して以来初となる栄冠を目指す戦いは、もう始まっている。

(記事 山崎航平、写真 小山亜美、菊池廉)

 

※記事中の学年は新年度のものです。

 

春季オープン戦の日程はから