「チームメイトのポテンシャルを最大限に引き出し、日本一に導くことが使命」

嫌われても良い、チームが強くなるならば。慶應義塾大学バレーボール部の主将、吉田祝太郎(しゅうたろう・3年)には強い覚悟がある。現在慶應義塾大学は関東大学男子2部、1部昇格を目指す中で“自主性”をテーマに掲げている。吉田を中心に考える練習メニューには試行錯誤を重ね様々な工夫や役割分担がなされている。両親・兄2人も元バレーボール選手、サラブレットのプライドをかけ勝利の伝道師となる。新しい景色を見るために貫く思い、その輝きを記録する。