「ハンドボールの魅力をたくさんの人に知ってもらいたい」

コートネームは“リオ”、後輩からもリオ先輩と慕われる筑波大学ハンドボール部の小林紗加(3年)。昨年の全日本学生ハンドボール選手権大会で優秀選手賞に選出されチームの準優勝に大きく貢献した。“ハンドボールをやっていて今が1番楽しい”そう話す表情が全てを物語っている。ひとつひとつのプレーがどんな意味を持つのか、考えながら練習に取り組む姿が自らを高める原動力となっている。主将として臨むラストシーズン、最高の笑顔を届けるために走り続ける姿、その輝きを記録する。