「成長していく段階で160キロ投げたい」

今年のプロ野球ドラフト会議で上位指名が期待されている日本体育大学野球部の森博人(3年)。最速155キロ、大学入学時から10キロ以上球速がアップしチームの絶対的エースへと成長を遂げた。近年、埼玉西武ライオンズ松本航や千葉ロッテマリーンズの東妻勇輔、東京ヤクルトスワローズ吉田大喜など多くのプロ野球選手を輩出している日本体育大学。森は先輩たちの背中を見て学びながらも、どうしたら自分が試合に出場できるのか考える力を培っていった。大学入学時から強く願ったプロへの道。己を信じ突き進む、その輝きを記録する。