3月に開催されるパラスポーツ大会は、選手にとっても観客にとっても東京2020パラリンピック本番を意識した大会が目白押しだ。とくに水泳は日本代表推薦選手の選考戦が行われ、いよいよ実際に本番のプールで泳ぐ選手の顔ぶれが決まる。団体競技は、車いすラグビーで世界4強が激突し、5人制サッカー(ブラインドサッカー)は東京パラリンピックにも出場する強豪チームが集い、しのぎを削る。本番さながらの熱い戦いに注目!

各大会のスケジュールはこちらでチェック!

世界トップランナーが前哨戦に挑む!

石畳が続くラストの駆け引きが勝負のポイントになるか?

今年の東京マラソンは、2020年に開催されるAbbottWMM(マラソンの6大大会)初戦! コースの一部は東京パラリンピックと重なることもあり、世界のトップ選手が本番を意識した駆け引きを展開する。37.1km地点からの400m区間で最速タイムを出した選手がボーナスポイントを獲得できる「AbbottWMM車いすボーナスポイント」や大会記録をもとに算出された基準タイムを上回るタイムで37.5km地点を通過した上位選手に賞金が授与される「大会記録更新スプリットタイムボーナス」も設定されており、高速レースが期待される。

注目選手:鈴木朋樹、喜納翼、土田和歌子 など

開催日:2020年3月1日(日)

開催場所:東京都庁(東京都新宿区)

入場料:無料

大舞台への切符つかむのは!?

自由形を専門とする辻内彩野は初のパラリンピック出場を目指す

東京パラリンピック日本代表選考会を兼ねる今年の春季記録会は、午前中に「選考戦の予選」を行い、夕刻から「選考戦」を実施。選考戦で派遣基準記録を突破した選手が東京パラリンピックの日本代表に内定するとあって、緊張感の漂う熱いバトルが見られるはず。出場選手が多い水泳は本番でのメダル量産が楽しみな競技のひとつ。ここで好記録を出した選手は、パラリンピックでの活躍も大いに期待できる。ひと足先にメダリスト候補をチェックしよう!

注目選手:鈴木孝幸、富田宇宙、中島啓智 など

開催日:2020年3月6日(金)~8日(日)

開催場所:静岡県富士水泳場(静岡県富士市)

入場料:無料

天皇盃を手にするのは?

前回は福岡Aが大分Aの3連覇を阻み、大会新記録で優勝した

“駅伝の町”京都を舞台にした伝統ある「車いす駅伝」。全国から都道府県別のチームが参加し、パラリンピアンもエントリーする。コースは京都の町らしく直線が多いが、それぞれの区間にアップダウンがあり、各チームがどのような布陣で挑むのか、さらには各区間を走る選手同士の駆け引きも注目したいポイントだ。昨年は「福岡A」が初の天皇盃を勝ち取ったが、今年はどのチームが手にするのか? パラリンピックイヤーを盛り上げる一戦になること間違いなし!

注目選手:佐藤友祈、洞ノ上浩太、廣道純 など

開催日:2020年3月8日(日)

開催場所:国立京都国際会館(京都府京都市)

入場料:無料

金メダル候補・日本代表の国際試合!

パラリンピック5大会連続出場に期待のかかる島川慎一ら代表候補もチェックしよう

金メダル候補の呼び声高い車いすラグビー日本代表。彼らにとって今回のジャパンパラは、決戦を前に多くのラインナップを試す絶好のチャンスだ。東京パラリンピックのテストイベントでもあり、本番会場で開催予定の今大会。世界ランキング3位の日本は、オーストラリア(世界ランキング1位)、アメリカ(同2位)、イギリス(同4位)の強豪3ヵ国を迎え撃つ。ライバルたちの動向をチェックしつつ、本番前の景気づけとなる優勝を目指す日本代表にエールを送ろう!※世界ランキングは2020年2月現在

注目選手:池透暢、倉橋香衣、乗松聖矢 など

開催日:2020年3月12日(木)~15日(日)

開催場所:国立代々木競技場(東京都渋谷区)

入場料:一部有料

東京パラリンピックの前哨戦!

日本代表のキャプテン川村怜は初のパラリンピックに向けて気持ちを高める

世界トップレベルの戦いが繰り広げられる本大会は、公式戦としては東京パラリンピック前の最後の国際大会。各チームともに本番を想定したプランで挑むのは間違いなさそうだ。優勝候補に挙がっているのは、パラリンピック4連覇中で世界ランキング2位のブラジルと、アジア最強の中国(同3位)だが、第1回大会から2連覇中のアルゼンチン(同1位)も王座は譲れないだろう。過去4位が最高の日本(同13位)もホームの意地を見せてくれるはずだ。代表争いも佳境を迎える中、予選からどの試合をとっても目が離せない!

注目選手:川村怜、園部優月、佐藤大介 など

開催日:2020年3月16日(月)~21日(土)

開催場所:品川区立天王洲公園(東京都品川区)

入場料:有料(チケット情報はこちら)

東京パラリンピック出場への勝負

それぞれの記録突破を狙う!(写真は2019ジャパンパラ陸上競技大会)

新たに設けられたWPA公認大会。東京パラリンピック日本代表内定選手に加え、出場を目指すトップ選手が出場。厳しい条件をクリアした選手のみが参加できる大会だけあって、各種目ともハイレベルな争いが繰り広げられるだろう。出場する選手は好記録を残して東京パラリンピックの出場基準となるランキングアップ、そして東京パラリンピックの標準記録突破を目指して臨む。ホームの温かい声援と手拍子で選手たちの記録更新を後押しよう!

注目選手:生馬知季、澤田優蘭、村岡桃佳 など

開催日:2020年3月22日(日)

開催場所:シティライトスタジアム(岡山県岡山市)

入場料:無料

他の大会・イベントスケジュールもこちらでチェック!

text by TEAM A

photo by X-1

※スケジュ―ルや出場選手は予定であり、変更になる場合があります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。