写真:男子シングルス優勝の張本智和/ittfworld
<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

23日、最終日を迎えたハンガリーオープンは男女シングルスの準決勝と決勝が行われた。4人の日本選手が勝ち進んできた中で男子は張本智和(木下グループ)、女子は伊藤美誠(スターツ)がアベック優勝を果たした。

1年前は男女シングルスともにベスト4は中国選手が独占していたハンガリーオープン。今大会は新型コロナウイルスの影響もあってか中国選手や韓国トップ選手が不参加だったが、男女ともに日本選手と日本でも馴染みのある外国人Tリーガーがベスト4のほとんどを占める大会となった。

男子シングルス総括




写真:準優勝の宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ittfworld

準決勝で張本智和は、1月のドイツOPベスト4のドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)との対戦。

互いに両ハンドを打ち合う激しいラリー戦を繰り広げ、接戦ながら張本が放つボールの威力がオフチャロフを上回りゲームを連取していく。オフチャロフも代名詞のバックハンドサーブをはじめ様々なサーブで張本を揺さぶるも、落ち着いて対応した張本が4-0のストレートで勝利した。




写真:ドイツopに続きベスト4のドミトリ・オフチャロフ/提供:ittfworld

もう一方の準決勝は宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)とリアム・ピッチフォード(イングランド)の戦い。

長い手足を駆使してあらゆる場所から攻撃を仕掛けるピッチフォード、対して宇田は早い打点で相手のミドルを攻めお互いに2ゲームずつを取り合う。大きな戦術転換は無いながら、最後まで前陣で早い打点で攻め続けた宇田が、第5,6ゲームを連取しピッチフォードを下した。




写真:ベスト4のリアム・ピッチフォード/提供:ittfworld

張本と宇田、日本人同士による決勝は1月の全日本卓球選手権大会と同じ顔合わせとなった。

立ち上がりから前陣での両ハンドドライブの応酬で、互いに1ゲームを取り合う。第3ゲーム以降は、張本がボールを左右に散らして的を絞らせないことで宇田の打点の早い攻撃を封じ、そのまま3ゲームを連取して優勝に輝き、ハンガリーの地で全日本のリベンジを果たした。

女子シングルス総括




写真:女子シングルス優勝の伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

準決勝の1試合目は伊藤美誠とカットマンのハン・イン(ドイツ)の顔合わせ。

伊藤は左右に揺さぶりながらドライブとスマッシュを打ち込み、はじめの2ゲームを連取する。一方のハン・インも時折攻撃を混ぜながらカットでしのぎ第3ゲームを取るが、“カットマンキラー”の実力を発揮した伊藤が第4,5ゲームを連取し勝利した。




写真:ベスト4のハン・イン(ドイツ)/提供:ittfworld

準決勝2試合目は石川佳純(全農)と鄭怡静(チャイニーズタイペイ)によるTリーガー対決。鄭の強力な両ハンドに石川が食らいつき反撃していく試合展開で、互いに3ゲームを取り合う。最終第7ゲーム、得点を取り合う中で終盤に攻め切り得点を重ねた鄭が石川を下した。




写真:ベスト4の石川佳純(全農)/提供:ittfworld

決勝は2019年12月のグランドファイナル以来となる伊藤と鄭の対戦。

序盤はサーブの長短をうまく使い分け得点していく鄭に対し、伊藤はドライブの回転に緩急を織り交ぜることでゲームカウント2-1とリードする。第4ゲーム、鄭のタイムアウトから流れが変わり、2ゲームを連取して優勝に王手をかける。あとがなくなった伊藤は持ち前の集中力で鄭の両サイドを厳しく攻め続けたことで、第6,7ゲームを取り返し大逆転で優勝を果たした。




写真:女子シングルス準決勝の鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

ITTFワールドツアー ハンガリーオープン最終日結果

男子シングルス準決勝

〇張本智和(日本)4-0ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
11-9/11-8/11-4/11-8
〇宇田幸矢(日本)4-2リアム・ピッチフォード(イングランド)
11-13/11-8/11-5/5-11/11-6/11-7

男子シングルス決勝

〇張本智和(日本)4-1宇田幸矢(日本)
7-11/11-8/11-2/11-6/11-9

女子シングルス準決勝

〇伊藤美誠(日本)4-1ハン・イン(ドイツ)
11-7/11-9/10-12/11-7/11-4
〇鄭怡静(チャイニーズタイペイ)4-3石川佳純(日本)
9-11/11-4/11-9/10-12/11-7/10-12/11-7

女子シングルス決勝

〇伊藤美誠(日本)4-3鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
11-7/1-11/11-6/7-11/2-11/11-9/11-7

文:ラリーズ編集部