写真:石川佳純(全農)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

大会6日目となった23日、女子シングルスの準決勝で石川佳純(全農)が鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)にゲームカウント3-4で敗れた。前日に平野美宇とのダブルスでワールドツアー初優勝を果たした石川だったが今大会2冠とはならなかった。

石川佳純、台湾エースの粘りに屈す




写真:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

これまでITTF主催の国際大会では石川が鄭に12勝8敗と勝ち越しているが、世界ランキングも石川が9位、鄭が10位と伯仲している。

今回の対戦では1ゲーム目を石川が逆転で奪うも続く2ゲーム目からは鄭の連続攻撃にミスがなくなり、石川に先手を取らせずに2ゲームを連取した。石川も流れを変えたい4ゲーム目をデュースで奪い返して試合を振り出しに戻す。重要な5ゲーム目、石川は先手の取れない苦しい展開のまま再び鄭にゲームを奪われる。6ゲーム目も鄭の勢いは止まらず、それでも石川は食らいつきデュースまで持ち込む。石川が11-10でリードした場面でタイムアウト。これが功を奏し、12-10で6ゲーム目を奪いフルゲームまでもつれる。

最終第7ゲーム、これまでとは打って変わって互いにミスをしないよう、繋ぎのドライブが多くなる。互いに一進一退の攻防が続くも、気迫で勝った鄭が最後は石川を圧倒し、伊藤美誠が待つ決勝への切符を手にした。

詳細スコア

石川佳純 3-4 ○鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
11-9/4-11/9-11/12-10/7-11/12-10/7-11

文:ラリーズ編集部