写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld
<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

卓球ハンガリーオープン大会最終日となった23日、女子シングルスの準決勝が行われ、日本からは伊藤美誠(スターツ)が登場した。対するは橋本帆乃香(ミキハウス)や平野美宇(日本生命)の日本勢をともにフルゲームで下して勝ち上がったハン・イン(ドイツ)。準々決勝の佐藤瞳(ミキハウス)戦に続き見事なカット打ちを見せた伊藤がゲームカウント4-1で勝利し、日本勢の敵討ちを果たした。

伊藤美誠、圧巻のカット打ちで決勝進出




写真:ハン・イン(ドイツ)/提供:ittfworld

22日にハンと同じくカットマンの佐藤を下した伊藤。序盤の2ゲームはカットのライジングを捉えるタイミングの早い攻撃で相手を振り回し、ハンから2ゲームを先取する。

しかし、そこから徐々に対応力を見せたハンが変化のわかりにくいツッツキで伊藤のミスを誘う。伊藤もスマッシュで得点を重ねるが、足が動き粘り強さが増すハンが伊藤の攻撃を広いきり、3ゲーム目を返す。

ここから混戦になるかと思われたが、伊藤がさらにギアを上げハンを勢いに乗せず4ゲーム目を奪い返す。第5ゲームも伊藤がハンのカットを何度もスマッシュで打ち抜きゲームセット。伊藤は2020年初タイトルに王手をかけた。

詳細スコア

○伊藤美誠 4-1 ハン・イン(ドイツ)
11-7/11-9/10-12/11-7/11-4

文:ラリーズ編集部