写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld
<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

「日本」対「欧州」の構図は日本勢に軍配




写真:宇田幸矢/提供:ittfworld

22日、卓球ハンガリーオープン男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ)と宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)がともに勝利し、準決勝進出を決めた。

張本はドイツの豪腕左腕、ベネディクト・デューダをゲームカウント4-2で下した。デューダは1回戦で丹羽孝希(スヴェンソン)にストレート勝ちし勢いに乗る選手。張本は、要所でデューダのフォアサイドを突き、得意のバックハンドでの得点につなげるなど、デューダのパワーを封じる冷静な戦術が光った。最後はデューダが無理をして攻めないと得点出来ない展開に持ち込み、相手のミスを誘うことに成功した。

一方の宇田もロベルト・ガルドシュ(オーストリア)に4-2で勝利。カウンタープレーが得意な41歳の大ベテランに対し、宇田は真っ向から打ち合いで勝負。一時はゲームカウント1-2の劣勢となるも、ハイトスサーブから相手の持ち上げてきたドライブをカウンターで狙い打つボールが良く決まり、最後は3ゲーム連取の逆転勝ち。自分の展開に持ち込めば確実に得点できるだけの圧倒的なパワーと爆発力を、欧州の目の肥えた卓球ファンに見せつけた。

23日に行われる準決勝では、張本がドイツの主砲、ドミトリ・オフチャロフと、宇田はTリーグT.T彩たまでも活躍するリアム・ピッチフォード(イングランド)と対戦する。

ハンガリーオープン 男子シングルス準々決勝 日本選手スコア詳細




写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld
◯張本智和 4-2 ベネディクト・デューダ(ドイツ)
12-10/9-11/11-6/12-10/9-11/11-4

◯宇田幸矢 4-2 ロベルト・ガルドシュ(オーストリア)
11-6/7-11/16-18/11-7/11-6/11-7

文:ラリーズ編集部