写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

卓球ハンガリーオープン大会4日目、張本智和(木下グループ、世界ランキング5位)が男子シングルス2回戦でS.グナナセカラン(インド)を4-0で破り、準々決勝進出を決めた。

圧巻だったのは張本のフォアハンドだ。世界トップクラスのバックハンドを警戒した相手が、張本のフォアサイドに緩急をつけて配球するも、張本がパワーあるフォアハンド強打で打ち抜くシーンが多く見られた。相手に先に攻撃をさせ、フォアハンドのカウンターで狙い打つ戦術も有効だった。

今大会第1シードの張本は、1回戦のワンヤン(スロベキア)戦に続く2戦連続でのストレート勝ち。今大会8ゲーム連取で1ゲームも落とさない盤石の強さを見せている。

その他の日本勢男子は、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が神巧也(T.T彩たま)との日本人対決を制して8強入り。戸上隼輔(野田学園高)はチェコのシルセクに全ゲーム2点差という接戦の末ストレートで敗れた。

22日に行われる準々決勝では、張本がデュダ(ドイツ)と、宇田がガルドス(オーストリア)とそれぞれ対戦する。

ハンガリーオープン男子シングルス2回戦 詳細スコア




写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

〇張本智和(木下グループ) 4-0 S.グナナセカラン(インド)
11-8/11-5/11-4/11-8

戸上隼輔(野田学園高) 0-4 ◯シルセク(チェコ)
9-11/9-11/10-12/10-12

◯宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4-1 神巧也(T.T彩たま)
4-11/11-3/11-8/11-6/11-8
 
文:ラリーズ編集部