写真:平野美宇と石川佳純(写真左)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン 2020年2月18日~2月23日>

21日、大会4日目を迎えたハンガリーオープンでは女子ダブルス準々決勝が行われ、平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)ペアがシャオ・ジエニー/ユ・フ(ポルトガル)ペアに3-1で勝利した。

シャオ・ジエニー/ユ・フペアは昨年のスウェーデンオープンベスト8に進出した実力のあるペア。また、シャオ・ジエニーは昨年のインドネシアオープン優勝、ユ・フは2019年のヨーロッパ競技大会では見事女子シングルス優勝に輝き、東京五輪シングルスの出場権を獲得するなど、両者ともシングルスでも結果を残している。

巧みな戦術変更で勝利を掴む




写真:シャオ・ジエニーとユ・フ(写真右)/提供:ittfworld

第1ゲームは3,4球目までの短い展開で終わるシーンが多く、平野/石川ペアは得意の攻撃を見せられなかったが、第2ゲームは、積極的にドライブを打ってラリーに持ちこんで、チャンスボールをフォアで決めるパターンで得点を重ねていく。

第3ゲームは平野と石川のバックにボールを集められ、得意のフォアを封じられる苦しい展開に。さらに、先にシャオ/ユペアがゲームポイントを握り、悪い流れになりかけたが、平野/石川ペアは、冷静に繋いで相手のミスを誘ってデュースまで持ちこみ、逆転でこのゲームを奪取。第4ゲームも、無理せず繋いで要所で攻める作戦で勝利。ゲームカウント3-1で準決勝に駒を進めた。

準決勝はパラナン・オラワン/サウェータブット・スターシニー(タイ)ペアと対戦する。

詳細スコア

○平野美宇/石川佳純 3-1 シャオ・ジエニー/ユ・フ(ポルトガル)
9-11/11-7/14-12/11-5

文:ラリーズ編集部