2020年、早大スキー部は創部100年目を迎える。その長い歴史の中で、荻原健司(平4人卒=群馬・長野原)、河野孝典(平3人卒=長野・飯山南)、近年では渡部暁人(平22スポ卒=長野・白馬)など、多くのレジェンドを輩出してきた。しかし、全日本学生スキー選手権(インカレ)において、早大が常に優勝候補の筆頭だった訳ではない。40年間、『頂』から離れていた時代を乗り越えて、現在のように強豪校となったのだ。そして今年もインカレ制覇は絶対条件。メモリアルイヤーに向けて、男女2つの優勝旗を取り戻すーー。24日から開幕する鹿角インカレに向けて、選手達に熱い思いを伺った。

【第1回】クロスカントリー競技 岡村慧胤×山下陽暉×小林千佳(2/18)

【第2回】ジャンプ競技 大井栞×松本祐依(2/19)

【第3回】クロスカントリー競技 広瀬崚×星野誉貴(2/20)

【第4回】アルペン競技 押切凌×中川慎×石島裕一郎(2/21)

【第5回】アルペン・クロスカントリー競技 石島瑶子副将×佐藤葵(2/22)

【最終回】ノルディック複合競技 山本涼太主将(2/23)