最後に登場するのはこの1年間駅伝主将として長距離ブロックを引っ張ってきた太田智樹(スポ4=静岡・浜松日体)。箱根予選会でのチームトップの走りや全日本大学駅伝対校選手権(全日本)での区間新記録など、常に結果でチームを鼓舞してきた太田は、箱根でも『花の2区』を早大歴代2位の好タイムで走り抜けた。早大競走部人生を終えた今、最後の箱根、そしてこの4年間を振り返る。

※この取材は1月24日に行われたものです。

「最後だったので、出し切ろうかなと思いました」


先頭集団でレースを進める太田智

――箱根駅伝から3週間がたちましたが、現在の調子はいかがですか

 今はちょっと休んでいる状態です。

――箱根駅伝の前に戻りますが、集中練習はいかがでしたか

 個人的には、飛ばすことなく全部の練習をしっかりこなすことができたかなと思います。

――例年の集中練習と比べて変わったことはありましたか

 練習の内容自体もそうですが、個人的にいつもよりは距離を走ろうという意識があったので、そこは変わった部分だと思います。

――箱根で2区を走ることはいつ頃決まりましたか

 1週間から10日前くらいです。

――その時のお気持ちは

 自分は2年連続で走っていて、ある程度予想できていたので特に何とも思わなかったです。

――箱根駅伝に向けたチームの雰囲気はいかがでしたか

 集中練習もみんなしっかりこなせていましたし、1年を通して一番いい雰囲気だったかなと思います。

――当日のお話に移りますが、コンディションはいかがでしたか

 当日は基本的に調子良いとも悪いとも思わなくて、いつも通りでした。

――想定していたレースプランや設定タイムはありましたか

 監督からも言われることなく、特に考えていませんでした。とにかく2区は流れが大事だったので、順位を上げることだけを考えて走りました。

――出走前に監督からのアドバイスはありましたか

 前が見える位置で中谷が来るので、集団を使って走ってくれという感じでした。

――今回の箱根駅伝は例年にないハイペースな展開となりました

 2年前に比べたらだいぶ良いペースだなとは思いましたが、集団で走っていたしなおかつ先頭争いもしていたので、あくまでタイムは気にせず、とにかく集団の中で勝ち切ることだけを意識していました。

――途中で集団から一歩出て先頭を引っ張るようなかたちになりましたが、その時はどのような考えでしたか

 権太坂の登りでだいぶペースが落ちていて、このままいくと後ろに追い付かれると感じたので前に出ました。

――その後一度集団から遅れそうになりましたが、その時のお気持ちはいかがでしたか

 とにかく登りがきつかったので、そこで何とか耐えて下りでなんとか追いつこう、という感じでした。

――戸塚中継所手前では2人を抜き、トップの青学大には及ばなかったものの、1秒差の2位でタスキリレーとなりました

 自分はそんなに(ペースが)上がっているつもりはなかったので、前が落ちてきたというほうが近いかなと思います。どうせ最後だったので、出し切ろうかなという思いでした。

――3区の井川選手にタスキを渡したとき、どのような言葉を掛けましたか

 何か掛けたと思いますが、覚えていないです。

――改めて区間6位という結果に対してどう感じていますか

 もちろんタイムは歴代の記録にも入るくらい良くて自信になりましたが、あくまで区間6位で日本人選手3人にも負けてしまったので、そこはまだまだかなと思います。

――3回目の2区出走となりましたが、過去の経験が生きた点はありましたか

 今回は集団で必死だったので、特に昔のことを思い出すことはありませんでした。ただ、「ここを頑張れば少し休めるポイントがある」という風にコースがわかっていたというのは良かったのかなと思います。

――往路をフィニッシュした後、復路を走る選手に対してどのような声を掛けましたか

 あんまり気負いせず気楽に頑張ってくれという感じです。

――復路のフィニッシュ地点ではゴールした宍倉選手に対してどのような声を掛けましたか

 最後勝ち切ってくれると思わなかったので、よく勝てたね、という話をしました。

――改めて総合7位という結果に対してどのように感じていますか

 目標としていたところは総合3位以内というところだったので、それからだいぶ下がってしまったのは良くないことですが、昨年に比べれば成長できた部分はあったと思います。また来年につながる走りができた選手も何人かいたので、そのあたりに関してはポジティブにとらえても良いのかなと思っています。

卒業後は日本一を争う強豪へ


中継地点の手前で一時先頭から離れたが、この後巻き返し2位でタスキを渡した

――続いて1年間務められた駅伝主将としてのお話に移りますが、理想や目標としていたキャプテン像はありましたか

 特に誰かを参考にしたりすることもなく、自分がキャプテンとしてどうあるべきか、ということを考えながら1年間やりました。

――1年次から3年次までと、4年次で変わったことは

 3年生までは先輩がいたのでその先輩方にくっついていくことのほうが多かったですが、最上級生ということもありますしキャプテンとしてということもありますけど前に立ってやることが増えたと思います。

――駅伝主将をやったことで成長したことや得たことは

 陸上以外の部分でもキャプテンとして心掛けていた部分もあったのでその辺かなと思います。

――逆につらかったことは

 あくまで個人の集まりなので、それを同じ方向に向かせることは難しかったです。

――次期駅伝主将の吉田選手(匠・スポ3=京都・洛南)には何を求めますか

 彼が思うキャプテン像は僕とは全く違うものだと思いますし、彼は彼なりに良いところもあると思うので、その良さを引き出しながら4年生と協力しながら務めあげてほしいと思います。

――後輩に期待したいことはどのようなことですか

 今年箱根を走った10人のうち、8人が残り、そのメンバー中心にまだまだ若いチームだと思うので今回の7位という順位以上の結果を来年以降期待したいです。

――続いて早稲田での4年間を振り返っていただきたいのですが、早大への入学を決めた動機はどのようなものですか

 2個上に石田康幸さん(平30商卒=静岡・浜松日体)という先輩がいたのが一つと、あとは陸上辞めてから社会人になる時に就職のこと考えたら、という部分でちょっとブランドというものもあるが一つ。あと相楽さん(豊駅伝監督、平15人卒=福島・安積)が最初にスカウトしてくれたのが僕で、その熱意がすごくありがたかったという三つだと思います。

――4年間で記憶に残っている試合は

 悪いことでいえば昨年の箱根です。良かった記憶でいうと今年の箱根ですかね(笑)

――昨年の箱根のお話がありましたが、3年次には故障で苦しまれました。そこから4年生で安定した結果を残されましたが、何が変わりましたか

 ひとつはけがをしなくなったことです。あの時もなんでけがしたか分からないのですが、4年ではけがをしなかった分一年を通してしっかり練習ができたことが結果を出せた要因かなと思います。

――4年間一緒に過ごした同期の部員にはどのような思いを抱いていますか

 僕も言えたことではないですが結構子供っぽい人が多かったので、協力してくれる時もしてくれない時もあって色々大変でした。ただ後輩の面倒とかもしっかり見てくれる学年だったので後輩からも慕われていたし、楽しかったかなと思います。

――4年連続で出走した箱根に対しての思いはいかがですか

 良くも悪くも思い出はあって、どちらの思い出も少しは自分を成長させてくれたかなと思います。

――以前、「主将としてよりも4年生として」と話されていましたが、早大の競走部にとって4年生はどのような存在でしたか

 最上級生がしっかりしていないとチームとしても成り立たないだろうし、組織としても上手くいかないと思うので、その点でチームの核なのかなと思います。

――4年間活躍された競走部を引退されて思うことは

 大学で何していたか、と聞かれたら部活しかしてなかったと答えるので、大学生活の一番の思い出です。

――今後のお話に移らせていただきます。卒業後の進路をトヨタ自動車に決めた理由や動機は何ですか

 トヨタ自動車は実家からも近くて、高校の時から声をかけていただいていたのと、チームとしても日本一を争うくらい強いチームなのでそこで自分もしっかり練習できればまだまだ強くなれると思ったからです。

――OBの安井雄一さん(平29スポ卒=千葉・市船橋)や山本修平さん(平26スポ卒=愛知・時習館)がいるのは影響しましたか

 そうですね。安井さんと修平さんがいるのは大きいです。

――そこでの目標は決まっていますか

 具体的な目標はまだないですが、まずは自分より強い選手しかいないので、その人たちに追いついて、いずれその中で勝って駅伝やトラックで走れるようになりたいなと思っています。

――ありがとうございました!

(取材・編集 山崎航平)

◆太田智樹(おおた・ともき)

1997(平9)年10月17日生まれ。175センチ、58キロ。静岡・浜松日体高出身。スポーツ科学部4年。自己記録:5000メートル13分58秒72。1万メートル28分56秒32。ハーフマラソン1時間2分48秒。2017年箱根駅伝8区1時間8分32秒(区間14位)。2018年箱根駅伝2区1時間8分04秒(区間6位)。2019年箱根駅伝2区1時間11分08秒(区間21位)。2019年箱根駅伝2区1時間7分05秒(区間6位)。