世界ランキング3位(※2016年9月現在)の若きスラックライナー細江 樹(ITSUKI HOSOE)。
地元、愛知県内の高校に通う傍ら週末はトレーニングに余念が無い“細江 樹”は近年頭角を現す存在へと進化を遂げてきた。
今年開催されたワールドカップでは最年少ながらに3位の表彰台入りし、自己記録を更新。
まだ黎明期であるスラックライン業界の第一世代に父を持つ細江が新時代を牽引しようとしている。
世界初のメイクとする「ダブルバックバットフリップ to ダブルバットフリップ」(※通称ダブルダブル)はシグネチャートリックとして世界を驚愕させた。
今後、要チェックのアップカマー!