写真:吉村真晴(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 2月9日(日)ゼビオアリーナ仙台>

9日、ノジマTリーグ男子の試合が行われ、琉球アスティーダ(以下、琉球)が岡山リベッツ(以下、岡山)にマッチカウント3-1で勝利した。

琉球は首位の木下マイスター東京をぐいぐいと追い上げており、ファイナル進出への勢いが止まらない。

ジュアン、ベテランの意地を見せる




写真:ジュアン(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチのダブルスでは、岡山から森薗政崇/町飛鳥が、琉球からは吉村真晴/木造勇人が登場した。お互いに良いラリーを見せるも、森薗/町が流れを離さず2-0で勝利を決めた。

第2マッチは、昨日ビクトリーマッチでチームの勝利を決めた吉田雅己(岡山)とベテラン選手であるジュアン(琉球)の対決。序盤、吉田の流れかと思えたがジュアンの勢いが止まらず吉田を突き放す展開に。勢いそのままにジュアンが3-1で勝利を手にした。

チュセヒョク、森薗を下しチームを勝利に導く




写真:チュセヒョク(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

第3マッチ、三部航平(岡山)と吉村真晴(琉球)が対戦した。第2ゲーム三部が7-1と点差を広げるも、吉村のサーブに翻弄され逆転を許す。そのまま吉村が流れを引き寄せ3-0で勝利を飾った。

第4マッチ、後が無い岡山からはエースの森薗政崇が、琉球からはカットマンのチュセヒョクが登場。前回の対戦では3-1でチュセヒョクに軍配が上がっている。森薗が丁寧にドライブで返し、第1ゲームを先取。しかしチュセヒョクの粘り強いカットやカウンターが炸裂。3-1でチュセヒョクが勝利を決め、森薗のリベンジは叶わなかった。

スコア詳細:岡山リベッツ 1-3 琉球アスティーダ




写真:左から町飛鳥、森薗政崇(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

◯森薗政崇/町飛鳥 2-0 吉村真晴/木造勇人
11-5/11-8

吉田雅己 1-3 ◯ジュアン
11-9/9-11/10-11/3-11

三部航平 0-3 ◯吉村真晴
2-11/10-11/6-11

森薗政崇 1-3 ◯チュセヒョク
11-6/8-11/6-11/10-11

文:ラリーズ編集部