写真:張本智和(KM東京)/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 2月9日(日)カルッツかわさき>

9日、ノジマTリーグで木下マイスター東京(以下、KM東京)がT.T彩たま(以下、TT彩たま)にマッチカウント3-2で勝利し、首位を死守した。

上位2チームが進出するファイナルまで残り4試合となったが、勝ち点2点差の中で上位3チームがひしめく混戦である。そんな中、KM東京はエース張本の活躍で2位TT彩たまとの直接対決を制し、首位争いを大きくリードする結果となった。

ダブルスは神が躍動




写真:神巧也(右)とウォン(TT彩たま)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチのダブルスは、宇田幸矢/田添健汰(KM東京)とウォン/神巧也(TT彩たま)の対戦。神の思い切りの良い攻撃が勝負どころで宇田/田添のミスを誘い、ゲームカウント2−0でTT彩たまペアが勝利した。

KM東京は、前日の琉球アスティーダ戦での0-4負けがよぎる嫌な立ち上がりとなる。

丹羽、モーレゴードをストレートで下す




写真:丹羽孝希(KM東京)/提供:©T.LEAGUE

第2マッチは、丹羽孝希(KM東京)とモーレゴード(TT彩たま)との、感覚派同士の対戦。モーレゴードは随所で光るプレーを見せるものの、丹羽のサービスの見極めに苦しむ。

丹羽がゲームカウント3−0でモーレゴードを下し、KM木下がマッチカウントをタイに戻す。

神、水谷に金星

第3マッチは、水谷隼(KM東京)と神巧也(TT彩たま)の対戦。青森山田高–明治大の先輩・後輩であり、注目のカードとなったが、試合はゲームカウント2-2と接戦になった。

6-6からスタートする最終ゲームは、両者トップギアでのラリー戦の応酬となるが、最後の1ポイントをチキータで攻めた神が水谷を破り、背中を追いかけ続けた先輩に大きな1勝を記録した。

張本、強気のバックで松平を破る

第4マッチは、張本智和(KM東京)と松平健太(TT彩たま)とのマッチ。両者1ゲームずつ取った第3ゲーム、10-9まで追い上げる松平を、徹底して打点の早いバックハンドで押し切った張本。続く第4ゲームも奪い、マッチカウント2-2として勝負はビクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦)にもつれ込むこんだ。

そして歓喜の2勝目

ビクトリーマッチの第5マッチは、まさかの第4マッチと同じ、張本と松平の対戦。

白熱の攻防の中、7-9のビハインドから4本連取した張本。勝利を決めた瞬間、国際大会さながらベンチの監督・コーチに駆け寄って抱き合う姿は、張本とチームが、いかにこの試合に賭けていたかが伝わってくる、白熱のビクトリーマッチだった。

「去年のような強い木下が戻ってきたと思うので、これからファイナルまで突っ走りたい」と勝利インタビューで、高揚した表情で語った張本。

2位TT彩たまとの直接対決を制して勝ち点3を加えたKM東京が、このままファイナルまで残り3マッチを走りきるか。

スコア詳細:木下マイスター東京 3–2 T.T彩たま




写真:勝利に沸くKM東京ベンチ/提供:©T.LEAGUE

宇田幸矢/田添健汰 0-2 ○ウォン/神巧也
9-11/7-11

○丹羽孝希 3-0 モーレゴード
11-7/11-9/11-6

水谷隼 2-3 ○神巧也
9-11/11-7/11-10/5-11/8-11

○張本智和 3-1 松平健太
11-5/2-11/11-9/11-7

○張本智和 1-0 松平健太
11-9

文:ラリーズ編集部