9日、フィギュアスケート・四大陸選手権・男子フリーが韓国・ソウルで行われ、ショートプログラムで世界最高得点を更新しトップに立っていた羽生結弦(ANA)がフリーで187.60点、合計299.42点を記録し大会の初優勝を飾った。

羽生は平昌五輪で五輪連覇を達成したプログラム「SEIMEI」を演じたという。

3位には、16歳の鍵山優真(星槎国際横浜高)がフリー179.00点で合計270.61点を出し、表彰台にのぼった。ショートプログラム7位の友野一希(同大)は、フリー162.83点で、合計251.05点。自己ベストを更新している。

文/スポーツブル編集部