ルーセントカップ東京インドア全日本ソフトテニス大会(東京インドア)が駒沢体育館で開催された。昨年の大会で優秀な成績を収めた男女各6ペアが出場する今大会。早大からは長尾景陽(社4=岡山理大付)・松本倫旺(スポ4=熊本・済々黌)組と上松俊貴主将(スポ3=岡山理大付)が船水颯人(平31スポ卒=ヨネックス)とのペアで出場した。子供からお年寄りまで多くのソフトテニスファンが詰め掛け大盛り上がりのなか、早大勢が躍動するも結果は及ばず。2ペアとも予選リーグ敗退となった。

  東京インドアは6ペアが3組ずつA、Bブロックに分けて総当たりの予選を行い、各ブロックの1位ペアが決勝を戦う。Bブロックには長尾・松本組が登場した。安藤優(東京ガス)・安藤圭(東邦ガス)組との初戦をファイナルまでもつれた末に落とし、迎えた第2戦。相手は林田・柴田(ヨネックス)組だ。序盤はお互いにゲームを取り合い2―2のタイになるも、長尾のシュートがことごとく相手のポーチボレーによって阻まれ、流れは林田・柴田組に。相手のカットサーブへの対応もあってなかなか好機を生み出せず、そのまま2ゲームを連取され2―4で敗れた。この時点で2戦2敗となり、長尾・松本組は予選敗退となった。