写真:森薗美月(木下アビエル神奈川)/提供:Tリーグ

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 2月2日(日)おおきにアリーナ舞洲>
2日、ノジマTリーグ女子の試合が行われ、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)が日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)にマッチカウント3−2で勝利した。

KA神奈川はエースの石川佳純をワールドツアーで欠く中、1番のダブルス、2番のシングルスを落とす苦しい展開から、木原、森薗、長﨑が3連勝で逆転勝利。森薗は嬉しい今季シングルス初勝利となった。

勝ち点3を獲得したKA神奈川は、プレーオフ出場権の与えられる2位圏内をがっちりキープした。

ビクトリーマッチで長﨑が小塩にリベンジ




写真:長﨑美柚(木下アビエル神奈川)/提供:Tリーグ

前期MVPのスターシニーのダブルス起用が功を奏したニッペMが第1マッチを先制すると、第2マッチもカットマンの小塩遥菜(ニッペM)が長﨑美柚(KA神奈川)とのエリートアカデミー対決を制し、ニッペMがマッチカウント2-0と王手をかける。

追い込まれたKA神奈川だったが、ここからが勝負強かった。ダブルスで敗れた木原(KA神奈川)がスターシニー(ニッペM)にストレート勝ちを見せると、続く森薗美月(KA神奈川)が相馬夢乃(ニッペM)のカットを打ち抜きこちらもストレート勝ち。

Tリーグ特別ルールで1ゲームのみで行われる最終第5マッチ(ビクトリーマッチ)では、第2マッチで対戦した長﨑と小塩が再戦し、今度は長﨑が粘り勝ち。連日のビクトリーマッチ勝利でチームの危機を救った。

KA神奈川は3番から5番まで鮮やかな7ゲーム連取で勝負強さを見せた。

スコア詳細:日本ペイントマレッツ 2-3 木下アビエル神奈川




写真:スターシニー(右)、出雲 美空(日本ペイントマレッツ)/提供:Tリーグ

◯スターシニー/出雲 美空 2-1 木原 美悠/浜本 由惟
10-11/11-5/11-8

◯小塩 遥菜 3-2 長﨑 美柚
11-8/8-11/11-8/6-11/11-9

スターシニー 0-3 ◯木原 美悠
9-11/7-11/5-11

相馬 夢乃 0-3 ◯森薗 美月
10-11/8-11/8-11

小塩 遥菜 0-1 ◯長﨑 美柚
9-11

文:ラリーズ編集部