1月29日にBリーグ第20が行われ、シーホース三河と川崎ブレイブサンダースが対戦した。Bリーグの中継や見どころなどを紹介する「BS12水曜バスケ!」では、実況に田中大貴さん、解説に日本代表の元ヘッドコーチ長谷川健志さんを招いて同ゲームを中継。

 

三河はエースの金丸晃輔、好調の森川正明、川崎は篠山竜青、ジョーダン・ヒースが不在の中、ダバンテ・ガードナーが34点、ニック・ファジーカスが40得点と大暴れ。終始、三河が僅差でリードしたが、最終クォーターに川崎が猛攻を仕掛け68-71と逆転。するとすぐさま、三河の熊谷航が値千金の3ptシュートを決め、流れをたぐり寄せる。その後は1点を争う息を呑む展開が続いたが、ガードナーや熊谷の活躍により三河がシーソーゲームを制した。

解説の長谷川さんは「最後までクロスゲームになった。共にスコアラーがしっかり点数を取って、お互い自分たちのいいところを出した。三河の方が、熊谷など若い選手の思い切った3ptシュートが大事なところで決まったのが大きかった」と、勝負強さを評価した。

三河は、1月は6勝1敗。一方の川崎は3勝4敗で、今シーズン初めて月間で負け越すということになった。三河は今シーズン水曜日負けなし。不敗神話は終わらせない。

・今すぐ読みたい→
渡邉拓馬が見た、アルバルク3連覇の可能性は…?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/alvark-tokyo-possibility-of-3-consecutive-wins/)

オールスターゲーム2020出場選手が選んだ、シーズン前半のMVPプレーヤー

同中継のハーフタイムでは、Bリーグオールスターゲーム2020出場選手が選んだ、シーズン前半のMVPプレーヤーを紹介した。

■セバスチャン・サイズ(サンロッカーズ渋谷)
天皇杯優勝など、東地区で旋風を巻き起こしているサンロッカーズ渋谷のセバスチャン・サイズ選手。スペイン代表経験もある身長205cmのビッグマンは、驚異の身体能力を発揮。攻守にわたり渋谷を牽引している。先日のオールスターゲームのダンクコンテストでも優勝を果たした。
宇都宮ブレックスの竹内公輔選手は「対戦した中で一番この選手にやられたなと思うのはサイズ選手。オールスター前の試合でサイズ選手に獅子奮迅の活躍、コート内で縦横無尽に大活躍されて負けてしまった。僕らの試合以外でもコンスタントに活躍しているので、前半戦のMVPはサイズ選手」と、感服。

■ジョーダン・ヒース(川崎ブレイブサンダース)
今シーズンから川崎に加入したヒース選手は、2m8cmと高身長ながら走力もあり、献身的にチームを支えている。川崎が首位を走る原動力となっているプレーヤー。武器は3ptシュートで、成功率はリーグNo.1の51.9%。
チームメイトの大塚裕土選手は「チームに本当に貢献してくれている。インサイドだけでなくて、3ptも50%超えている。日々ハードワークをしているところを見ているので彼が前半戦のMVP」と労った。

■橋本拓哉(大塚エヴェッサ)
大阪エヴェッサの下部組織から2012年に史上最年少、日本国内初の現役高校生プロバスケットボール選手としてデビュー。今シーズンはここまでチーム日本人トップの得点をあげて、3pt成功率ではリーグ3位(42.1%)につける活躍を見せている。第18節の滋賀戦では、B1個人通算1000得点を達成した。
同じく大阪エヴェッサのアイラ・ブラウン選手は「橋本選手は常に良い準備をして試合に臨んでいる。オフェンスでは積極的にシュートを打っていくし、ディフェンスもアグレッシブ。彼が大阪にとって重要なキーマンだと思っている」と称えた。

同中継で解説を務めた元日本代表ヘッドコーチの長谷川健志さんは、印象的なプレーヤーにジョーダン・ヒース選手を挙げ、「ヒース選手が加入したことで、チームの得点力がアップしている。アウトサイドはもちろん、インサイドもできるし、非常によく走れる。オールラウンダー」「走力があって、3ptショットも成功率が50%を超えるというのはすごい」と、絶賛。怪我でゲームを離れているヒース選手がいつ戻ってくるのか、注目だ。

次回の「BS12水曜バスケ!」は2月5日に放送。1月のスーパープレーを番組独自の視点で紹介する。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
渡邉拓馬が見た、アルバルク3連覇の可能性は…?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/alvark-tokyo-possibility-of-3-consecutive-wins/)