総合格闘家の堀口恭司が1月29日、拠点のアメリカ・フロリダに向けて出発した。「今年の目標はリベンジ」と語る堀口に、激動の2019年から2020年にかける思いを聞いた。

格闘技を盛り上げたい責任感。言い訳になるから痛いなんて言えなかった

 

 2019年は堀口にとって波乱の一年だった。2018年の大晦日に行われた「RIZIN.14」で、Bellator世界バンタム級王者ダリオン・コールドウェルにギロチンチョークで一本勝ち。初代RIZINバンタム級王者として一年のスタートを切った。4月の「RIZIN.15」では元UFCファイターのベン・ウィンを1ラウンドKOで下し、6月にはアメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでダリオン・コールドウェルと再戦し、判定勝ち。Bellator世界バンタム級王座の獲得に成功し、日本人初のBellator王者となった。

 順風満帆に見えた中で臨んだ8月の「RIZIN.18」。売り出し中の気鋭・朝倉海に、2冠王者が68秒KO負けを喫するという大番狂わせに、全格闘技ファンが震撼した。キャリア初のKO負けという辛酸をなめながらも、堀口は敗戦直後から捲土重来を期してトレーニングを重ねていた。そのなかで、二度目の悲劇が起きた。

「練習中に靭帯が切れちゃって。朝倉海くんに負けて、しばらくたって練習を始めたんですが、寝技の練習中にちょっとだけ膝を押されたら、いきなり…。痛くはなかったので、また練習を始めたんですけど、やっぱり感覚がおかしくて。それで病院に行ったら前十字靭帯が切れていて。慢性的に損傷していたようなので、たぶん前からほとんど切れていたんでしょうね。普通、靭帯が切れる時って『ブチっ!』てなるらしいんですが、自分の時は『ス~』って(笑)。僕がアホなので痛みを感じなかったのかもしれないですけど(苦笑)」

 10月に病院で診察を受け、右膝前十字靭帯の断裂、半月板損傷により、全治10カ月の診断。大晦日に予定していた「RIZIN.20」でのベルトをかけた朝倉海戦は消滅した。

「怪我をした時は、『うわ〜、やっちゃったな…』って思いましたよ。『ファンに申し訳ない』とか、『海くんブッ飛ばしたかったな』とか。でも、いいように受け止めて行くしかないなと。しっかり休めと言うことだろうなと、前向きに捉えるようにしています。今まで走り続けてきて、ちゃんとした休みもない中で疲労が溜まっていたところもあるので。元々、2019年の頭からずっと痛みとか違和感はあったんですけど、それでも試合はどんどん決まっていって。断ったりもしていたんですけど、出てくれと言われて。自分自身、格闘技を盛り上げたいと思っているので、責任感のようなものがありましたね。痛いとか言ったら周りの人に止められるので、それは言わなかったですね。『絶不調です』なんて言えないですしね(苦笑)。不調のことは言い訳になるから言いたくないって思っていました。でも、負けは負けだし、試合に出ると決めたのは自分なので。自分で選んだ道だからしょうがないって思っています」。

・今すぐ読みたい→
堀口恭司 衝撃の1RTKO負け「覚えてない…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-30/)

負けた事、怪我をした事で意識が変わった

11月にアメリカ・フロリダで手術をし、直後は寝たきり、車椅子での生活を送っていたが、現在は自らの足で歩けるまでに回復。

「お医者さんが言うには、順調にいけば試合復帰は9月、12月。自分自身もそれに出たいと思っているし、そうじゃないと海くんとケイプとできない。今から試合が楽しみでワクワクしているけれど、でもその気持ちをちゃんと制御しないと。今無理をするとまた怪我をしちゃうので、やらないように、考えないようにしています。ただ、目の前の試合復帰だけではなく、長い選手生命を見据えて、復帰時期はコンディションを見て考えたいと思います」。

2019年の大晦日に行われた「RIZIN.20」では、宿敵・朝倉海がマネル・ケイプにKO負けを喫し、堀口が返上したRIZINバンタム級チャンピオンベルトはマネル・ケイプの手に渡った。

「すごくおもしろい試合でしたね。ケイプが勝ったことによって、いいストーリーができたなと思っています。復帰してまず戦いたいのは朝倉海選手。しっかり倒して、それからまたケイプと戦えればなと思っています。なので、自分と戦うまでケイプは負けないで欲しいですね」。

 堀口恭司は2017年にマネル・ケイプに一本勝ちをしている。朝倉海は堀口恭司に勝ち(2019年8月)、マネル・ケイプに負け(2019年12月)、マネル・ケイプは朝倉海に勝ち(2019年12月)、堀口恭司に負けた。混沌としたRIZINバンタム級を、進化を遂げた堀口がさらに盛り上げる。

「怪我する前、海くんに負ける前はあまり自分のやっている事に新しいことを取り入れるってことはなかったけれど、それからは柔軟に考えるようになりましたね。栄養面だったり、マッサージとかの治療だったり。それまで食べ物とかは無頓着だったんですけど、今は栄養士さんとかにアドバイスを受けながら考えるようになりました。体のケアもそうですけど、貪欲に新しいものを吸収しようとしていますね。昨年末には、ボクシングの試合を現地で観戦する機会もあって、自分もやってやろうっていう気持ちになりました。八重樫さんは一回お食事をさせてもらっているので、知っている人の試合だと特に感じるものは大きいですよね。この半年、海くんに負けて変わったし、怪我をしてまた変わったと思います。転換期でしたね。怪我はしましたけど、逆にパフォーマンスは上がると思います。それが楽しみですね」。

–衝撃的なKO劇、選手生命を脅かす大怪我という試練を乗り越え、心身ともにさらなる高みを目指す堀口恭司のモチベーションは?

「怪我の報道が出た後に世間の反応を見ていると、『これで堀口終わったな』『キッド(山本KID徳郁)さんも同じ怪我をしてそこから落ちていった』とかいうマイナスな声があったけど、それを覆してやりたいですね。それが楽しみで、その思いが力になる。同じ怪我をした人にも、全然平気だよって夢を与えたいです」。

 圧倒的な強さ、人柄で多くのファンを魅了してきた格闘技界のヒーロー。それだけに復帰へかけるファンの期待も大きい。

「負けた時に泣いているファンの人とかいて、申し訳ないなって気持ちになりましたね。ファンの方に支えられているんだなと改めて感じました。元気に勝ち続けている時ならそんなに感じないのかもしれないけど、負けたことによってファンや色々な人に心配されて、実感しました。もっと頑張らないといけないと思ったし、力をもらいました。負けたことは悔しかったけど、結果的にいいストーリーになったのかなと思っています。負けがあるから、感じられたこともあったし、負けないようにどこが悪かったのか頭を使って考える事ができる。一回落ちたので、あとは上げていくしかないと思っています」。

–覚悟を胸に、練習拠点のアメリカへ戻る。最後に、2020年の目標は?

「今年の目標はリベンジ。ベルトへの想いはそこまで強くなかったけれど、形としてわかりやすいので、ベルトは奪還します。今年はまずRIZIN、そして来年にはBellatorのベルトも取り返したいですね。さらに強くなって、見返してやります」。

◆堀口恭司 オフィシャルサイト
https://horiguchikyoji.com/

◆堀口恭司グッズはコチラ
堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ
堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
堀口恭司 衝撃の1RTKO負け「覚えてない…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-30/)