ゴールドウインのオリジナルブランド「Goldwin(ゴールドウイン)」は、世界の舞台で活躍するスキー競技者育成を支援する取り組みを開始することを発表した。

取り組みは、スキー競技者育成を支援することがスキー市場振興につながると考えて開始。第1弾として、2月8日(土)、9日(日)に行われるジュニアスキー向けトレーニングキャンプ「Goldwin Jr. DEMO SKI CAMP in Kamui Ski Links」に協賛し、企画段階から参画する。また、ゲスト講師として「TEAM Goldwin」メンバーを派遣してキャンプ運営のサポートを行う。

「Goldwin Jr. DEMO SKI CAMP in Kamui Ski Links」は、北海道ルスツで3月20日(金)~22日(日)に開催される「第4回全日本ジュニアスキー技術選手権大会」の出場を目指すジュニアスキーヤーを主な対象者として実施。トレーニングキャンプでは、GS(大回転)ゲートトレーニング、整地・不整地など大会種目別にレベルアップを目的としたレッスン形式の実技指導を行う。

派遣するゲスト講師は、全日本技術選手権優勝2回、トリノオリンピック出場経験を持つ吉岡大輔選手、全日本技術選手権大会出場の関澤徹選手、昨年の全日本技術選手権18位の小森彩未選手、プロスキーヤーの吉田勝大氏の4名が務める。

開催日時は、2月8日(土)、9日(日)9:00受付開始。会場は、カムイスキーリンクス(北海道旭川市)。参加対象 小学生~高校生。定員50名(2日間で延べ100名)。参加費2,000円/日(税込、リフト代別途)。申込みはデジエントリーから行う。1月31日(金)締切。