写真:2019ベラルーシOPの早田ひな/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2020年1月28日~2月2日>

28日、ドイツオープンは男子シングル予選2回戦まで、女子シングルス予選1回戦まで、混合ダブルス予選1回戦までが行われた。

男子シングルスでは、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、戸上隼輔(野田学園高)、及川瑞基(専修大学)の3名が予選3回戦に進出した。

先日の全日本卓球選手権(以下、全日本)で男子シングルスベスト4に入賞した吉田雅己(FPC)は予選2回戦での敗退となった。

女子シングルスでは、塩見真希、芝田沙季、橋本帆乃香、佐藤瞳(4名ともミキハウス)早田ひな(日本生命)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)の6名が予選2回戦に進出した。

大会2日目は男子シングルス予選3,4回戦、女子シングルス予選2,3回戦、男子・女子ダブルス予選1回戦、混合ダブルス予選2回戦が行われ、全種目で本戦出場選手が決定する。

男子シングルス 2日目の見どころ




写真:2019世界ジュニア選手権の宇田幸矢/提供:ittfworld

宇田は、予選3回戦で林兆恒(リンチャンフン・中国香港)と対戦する。林兆恒は23歳の若手ながら、カデットの年代から国際大会に出場している経験豊富な選手だ。昨年は、チャレンジシリーズインドネシアオープンで男子シングルスベスト4に入賞もしている。とはいえ、宇田も全日本優勝の実力者だ。手に汗握る好ゲームを見せてくるるだろう。

戸上はニアゴル・ストヤノフ(イタリア)と、及川はリョウ・シンテイ(チャイニーズタイペイ)と、それぞれ対戦する。

リョウ・シンテイは世界ランキング6位の林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)とのダブルスで昨年、グランドファイナル準優勝を果たした実力者だ。対する及川も、先日の全日本で男子ダブルス優勝を果たしたばかりと、このカードは、まさにダブルスの名手対決と言える。及川はここを勝ちきって、予選4回戦、さらには本戦へ進むことができるか。

女子シングルス 2日目の見どころ

全日本女王の早田は、予選2回戦で呉穎嵐(ウーインラン・中国香港)と対戦する。呉穎嵐は昨年のチャレンジシリーズセルビアオープンベスト8の実力者だ。蘇慧音(スーワイヤムミニー・中国香港)とのダブルスでは、香港オープンベスト4、スウェーデンオープンベスト8という実績もある。予選1回戦はシードだった早田にとって、初戦から気の抜けない戦いになるが、しっかりと勝ちきって、本戦進出が期待される。




写真:2019ドイツOPの橋本帆乃香/提供:ittfworld

橋本は、アメリア・ソルヤ(オーストリア)と対戦する。ソルヤは、フォアに表ソフト、バックにアンチラバーを使用する特殊なプレースタイルの選手。昨年はオーストリア代表としてチームワールドカップにも出場し、グループステージで日本と対戦した。カットマンの橋本にとって、裏ソフトラバーより回転の少ないソルヤの打球はカットしづらいが、粘り強くプレーすることが必要だろう。

男子ダブルス 2日目の見どころ




写真:2019クロアチアOPの戸上隼輔(写真右)と宇田幸矢(写真左)/提供:ittfworld

戸上/宇田ペアは、予選1回戦でDEVOS Robin(ベルギー)/OLAH Benedek(フィンランド)の国際ペアと対戦する。

昨年の世界ジュニア選手権以来、約2ヶ月ぶりの戸上/宇田ペアでの試合のため、そのブランクは少々不安材料ではあるが、戸上、宇田共にシングルスの予選を勝ち進んでおり、好調な様子が伺える。何より、戸上は先日の全日本でダブルス準優勝を果たしたばかり。この試合に勝利して、30日から始まる男子ダブルスの本戦へと駒を進められるか。

ドイツオープン 初日 日本男子選手結果

シングルス予選1回戦

篠塚大登 2-4 ○MENGEL Steffen(ドイツ)
○戸上隼輔 4-0 WONG Miguel(ガイアナ)
○吉田雅己 4-0 MEDINA Jan(ベネズエラ)
○曽根翔 4-2 FADEEV Kirill(ドイツ)

シングルス予選2回戦

○戸上隼輔 4-0 トミスラブ・プツァル(クロアチア)
吉田雅己 1-4 ○キリル・スカチコフ(ロシア)
○宇田幸矢 4-1 KLEIN Dennis(ドイツ)
曽根翔 2-4 ○キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)
○及川瑞基 4-0 ANGLES Enzo(フランス)

ドイツオープン 初日 日本女子選手結果

シングルス予選1回戦

○塩見真希 4-1 SU Pei-Ling(チャイニーズタイペイ)
大藤沙月 2-4 ○ZHANG Wenjing ^(中国香港)
○橋本帆乃香 4-0 LAVROVA Anastassiya(カザフスタン)

文:ラリーズ編集部