パラリンピックイヤーの幕が明けた。車いすテニス・国枝慎吾選手にとって、東京大会は5度目の出場となる。グランドスラムのシングルスで22回の優勝を誇る彼にとっても、パラリンピックは「特別な場所」だ。このたび、スポルティーバのインタビューに応じてくれた国枝選手。「いい1年だった」と話す昨年の振り返りとともに、2020年の目標ついて聞いた。



昨年の楽天オープンでは、東京パラリンピックの本番会場でプレーした国枝慎吾

-- 2019年はどんな1年でしたか?

国枝慎吾(以下、国枝)グランドスラムのシングルスで優勝できなかったのは、すごく残念だし、物足りないです。テニス選手としてはそこが一番の見せ場であり、仕事場ですから。でも、他の大会では9回優勝。実は、いままでのキャリアのなかでは一番、年間の勝利数が多いんです。なので、全体としてみれば、いい年だったのかなと思います。

-- そのなかで、一番の手ごたえは?

国枝 ずっとバックハンドのテークバック改善に取り組んできて、7月に再びグリップを変えてみたんです。寝かし気味だったものを、立てる動作に変更しました。それが、負けた全米オープンの翌週のセントルイスの大会でピタッとはまって、「この当たりがほしかった」という感覚を掴みました。これだったら十分攻撃力があるし、バックハンドのウィナーも増えていくだろうと想像できたので、すごく自信になりました。

-- 負けた試合から収穫を得たということでしょうか。

国枝 そうですね。今年に関しては、敗戦のタイミングで何かしら新しいアイデアが浮かんでいて、それに取り組むことができています。世界マスターズで負けたあとも、強化しているサーブとフォアハンドのヒントを掴みましたし、今シーズンがすごく楽しみです。

 ただ、グランドスラムで勝ちたいという気持ちは、他の大会より明らかに強くなります。昨年はそれが力みにつながって、自分の力を100%出せないことが多かったので、そこは反省点。今年に活かしたいですね。

-- 岩見亮コーチと組んで3年目を迎えます。練習の仕方は変わってきましたか?

国枝 2019年は岩見コーチと互いの意見をぶつける機会が多い1年でした。今話した僕のアイデアって、自分のなかにフッと降りてくるんですよ。ひとつのヒントでショットがいきなり新鮮なものになったり、劇的に変わったりするので、とにかく岩見コーチと一緒にトライしてみて、いいかどうか判断します。ダメだったら戻せばいいし。その経験をいくつ持てるかが選手の実力、成熟度につながっていくと考えているので、常にアンテナを張っておきたいですね。

-- そうした経験が加味されて、選手としては熟練の域に達してきていると思いますが、まだ”挑戦者”という気持ちが大きいですか?

国枝 20代のころよりも、より挑戦できるようになってきていると思います。浮かんだアイデアに果敢にチャレンジできるのは、昔より「王者感」がないからだと思います。みんながレベルアップしてきて、今の男子のトップは本当に紙一重の戦いになってきています。周りが上がってくるのに自分が現状維持のままだと、結局は衰退しているということなので、そこは一番危惧しています。

-- 昔よりも「王者感」はない、ですか。

国枝 はい。試合に入ったら今まで通り「俺が最強だ!」と思ってプレーしていますが、昔よりも負ける回数が増えたのは間違いないことで。でも、負けたときが一番頭が働いているし、試合を離れた時に常に自分を疑っているというか、この技術はこれであっているのか、もっと他にヒントはないのかというのは、探り続けてますね。昨年だけみても、1月のオーストラリアの時と11月の世界マスターズでは、実は打ち方も全然違うんですよ。つまり、去年は8回負けたけど、8回そういうチャンスを活かして成長したということ。もちろん、負けたらめっちゃ悔しいですよ。たぶん、昔より悔しがってると思う。ただその分、同じことを繰り返さないためにどうしたらいいか、自分の中で答えを見つける能力が上がっていると思います。

-- 昨年、勝った数が一番多かったというのも、そういう背景があるんですね。

国枝 負けた次の試合で優勝することがすごく多かったですね。セントルイスもしかり、ウインブルドンのあとのブリティッシュもそうだった。逆に言えば、東京パラリンピックまであと何回負けるか、その負けた数だけさらに成長するチャンスがあると捉えています。

-- フィジカルもメンタルも本当にタフでないとできませんね。ちなみに、頭の中の”アイデア”はどうやって整理しているんですか?

国枝 スマホのメモ欄にアイデアを書き留めています。延々とスクロールしなきゃいけないくらい、ぶわーっと(笑)。バックハンドに関することは、とくにすごい量です。コツとか、これはイケてるとか、リオ(パラリンピック)のあとはこんな風に思ってたな、とか。打ち方も変わってきたので、使っていないものもたくさんあります。今でも都度、見直しています。

-- 20代の時に取材をさせてもらった時、「30歳からが本番ですよ」という話をされていました。今年35歳を迎えた国枝選手ですが、ピークを感じますか?

国枝 一番勝っていた2008年~12年、13~15年の時の自分と戦ったら、苦戦するでしょうけど、今の自分が勝つと思います。技術的には間違いなく成熟しているので、結構いいスコアで勝てると思う。対戦? やってみたいなぁ(笑)。あの時のレベルで今の車いすテニス界に来たら、世界ランク2位にはいられないでしょうね。まあ、ラケットも車いすも戦術も進化していますけど、それくらい周りのみんなも強くなっていますから。

-- そのライバルたちの印象はどうですか?

国枝 昨年は(世界ランク1位のグスタボ・)フェルナンデス(アルゼンチン)がグランドスラムの舞台で強かったですね(全豪・全仏・ウインブルドンで優勝)。全豪と全仏では対戦しませんでしたが、ウインブルドンの決勝で戦った時は、2セット目、3セット目の突き抜け具合はすごいな、と試合しながら思いました。それくらい、ノリに乗っていた1年だったと思います。
※世界ランキングは12月取材時のもの

-- フェルナンデス選手は南米出身らしく、サーフェスはクレーが得意な印象ですが、グラスコートでも力を発揮しましたね。

国枝 やっぱりパワーのある選手ですね。芝の抵抗がかかるところでも力強く車いすを漕げるし、パワーショットが有効なところがあるので、結構彼に合っているサーフェスなのかなと思いました。それと、芝はスライスが相当有効なのでステファン・オルソン(スウェーデン)がうまい。他の選手はそれほどアジャストしている感じはないですね。

-- グランドスラムのなかで国枝選手が唯一まだ優勝していないのが、2016年からシングルスがスタートしたウインブルドン。そのタイトルがほしいとずっとおっしゃっていますね。

国枝 芝の特徴は、チェアワークが制限されること。芝の抵抗があるので漕ぐ力が3倍くらい必要で、距離が出ないから、それだけピッチを上げなきゃいけない。あとはバウンドが不規則というのが難しさです。それが、昨年のウインブルドンで感覚がつかめて、芝の戦い方の答えが出たかなという感じがします。芝に対する嫌なイメージが払しょくできたので、今年の大会が楽しみですよ。

-- パラリンピック本番も近づいてきました。

国枝 はい。2020年はやっぱり東京のタイトルは欲しいですね。でも今のトップ4は、誰が勝ってもおかしくない。トップ4の誰かしらが金メダルに絡んでくると、僕は見ています。世界ランク3位に49歳のステファン・ウデ(フランス)がいるのもすごいし、彼には本当にリスペクトしかない。そのなかで優勝するために、今年はパラリンピックを中心に考えてトレーニングし、試合にエントリーしていくつもりです。ちなみに、いつもパラの年は日程的な問題から全米オープンは開催されていなかったんですが、今年は開催されるんです。パラ閉会後にすぐにニューヨークに行く予定です。

-- パラリンピックイヤーはオーストラリア遠征から始まり、グランドスラムの第1戦目、全豪オープン出場を控えています。意気込みを聞かせてください。

国枝 正月休みは元旦のみ。2日から練習を始めています。今年はゴールドコーストとメルボルンの大会に出場し、そのまま全豪オープンに挑みます。全豪はこれまで9回優勝しているので、10回目の優勝を飾れるように頑張りたいですね。全豪で優勝すると、やっぱりその1年ハッピーに過ごせるんですよ。次の全仏まで少し時間が空くので、全豪を取っておくことで気持ち的に楽になるところもある。1年のスタートをいい形で切れるといいなと思います。