[トップリーグ2020開幕!ドコモで見放題・初回31日間無料]

 ラグビー界あげての「にわか」取り込み大作戦が始まった。

 昨秋のW杯人気で急増した新規ファン、いわゆる「にわかファン」は年が明けて開幕した国内最高峰トップリーグにも熱心に足を運んでいる。開幕戦の観客動員数は前シーズンを3万も上回る11万人超え。1月18、19日に開催された第2節も10万人突破と、盛り上がりの大きさが数字に出ている。

「にわかでもいい」という温かい雰囲気

 「にわか」という言葉は、どうしてもマイナスにとらえられがち。ずっと応援してきたコアなファンからすれば、一過性のミーハーな存在には風当たりが厳しいイメージがある。しかしラグビーは「にわか」に優しかった。トップリーグの会場となった秩父宮ラグビー場には、歓迎ぶりを示す「#にわか」のフォトスポットが設置され、人気を集めた。「にわかでもいい。みんなで応援しよう」という温かい雰囲気が、にわかファンには心地いい。

 優しさはツイッターのやりとりにも表れる。

 にわかファンにとって、最大の障壁といえるのがルールの難しさ。SNSでは初心者の疑問を軽視したり、バカにしたりする光景が珍しくないが、ラグビーは違った。コアなファンがわかりやすくルールを解説したり、楽しみ方を提示するようなツイートが多く見られる。ラグビーに携わる人たちの言葉は前向きだ。思えば、日本代表選手が会見やテレビで発する言葉はいつもポジティブ。プレーの激しさとのギャップで、にわかファンをさらに増やした。

・今すぐ読みたい→
ラグビー・稲垣啓太が笑わない理由と伝説集、海外勢からは「ジャパニーズ・マフィア」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keitainagaki-hardly-smiles/)

忘れられない苦い思い出…

 日本ラグビー協会には忘れられない、苦い思い出がある。前回15年W杯で南アフリカから金星を挙げ、FB五郎丸歩(ヤマハ発動機)の活躍などでラグビーブームとなったが、迎えた開幕戦のスタンドは空席だらけ。各クラブの親会社向けの動員を見込んで、一般向けのチケット販売を減らしたことで、W杯で興味を持った「にわか」にチケットが渡らず、前売り券は完売なのに多くの空席が発生。

 関係者を落胆させた『開幕戦スタンドガラガラ事件』の教訓を生かし、一般向け販売を増やして新規ファンでも観戦チケットを入手しやすくした。4年前に逃したラグビー熱を今度こそ定着させようと、人気選手同士のマッチメークなど運営サイドも取り組んでいる。

 日本代表WTB福岡堅樹(パナソニック)が東京五輪の7人制に専念するため、事実上の最終出場となった18日トヨタ自動車戦の豊田スタジアムには、リーグ最多記録を更新する3万7050人が集まった。

 ここまで盛り上がる理由の1つは、W杯のにわかファンを離さず、しっかりとトップリーグにも落とし込めたことが大きい。「にわか」でもいいと温かく迎え入れたラグビーの土壌が、観客動員のロケットスタート成功へとつながった。

[トップリーグ2020開幕!ドコモで見放題・初回31日間無料]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
ラグビー・稲垣啓太が笑わない理由と伝説集、海外勢からは「ジャパニーズ・マフィア」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keitainagaki-hardly-smiles/)